2013年05月29日

犬の気持ち

犬達には、それぞれ犬小屋があります。
夜はみんな各自小屋に入って寝ています。

これは可哀想だろう…と、思ってたのですが、



臆病ののっぽさんは、非常に居心地の良い犬小屋らしいです。



中に入ってても、外の様子が見えるのが良いみたいです。



この小屋の持ち主は「ボタン」



群れでのボタンの役割は、群れの色を守る事と、
外部の情報いち早くキャッチする事です。
なので、視界が狭かったら勝手が悪いのです。
自分で少しずつ破壊してって、入口を大きくしました。

こんなボロボロになった犬小屋で申し訳ない・・・
買い換える予算がなくてごめん・・・
そう思ってたのですが、
実はそうじゃなかったんだなぁ~という事に気付きました。
人間の価値観とこんなにも違うんですね~アセアセ



そして…これは「恥」をさらすことになりますが、
私のミスで、犬を3頭、施設から脱走させてしまいました。

全て二重扉にしていますが、壁を破ってしまってたんです。
気付いた時には、道路向こうの山に入っていく小さな姿が…
急いで車で山に登り、三頭を遠くで見つけ、名前を呼びました。

ラーン!




スマーイル!




のっぽー!




絶対来てくれないだろうな…
食べ物も持ってないしな…
そう思い、半べそかきながら名前を呼びました。

ラン、スマイル、のっぽ…逃げながら何度も振り返り、
私だと分かった瞬間、
三頭がUターンして、全力疾走で私の胸に飛び込んできたんです。
それはもうとびっきりの笑顔で。

この子達は、こんなにも信頼してくれてたんです…
それなのに私は、この子達が自分の胸に飛び込んでくるなんて
これっぽっちも思っていなかった…
この子達の事を信じていなかったんでしょうね。
「ママいかんね~。ママが一番いかんね~。ごめんね~」
帰りの車の中で何度も謝りました。

脱走からほんの30分ほどの時間でしたが、
こんなに長く感じた30分はありませんでした。
そして、「信じる」という大切な事が、私の中で抜けてました。
ランもスマイルものっぽも、保護家に来たときには人間不信でした。
それから「人間を信じてくれるように」と、この子達と接してきてたはずなのに、
私自身、矛盾していた。反省です…

犬達には教わる事が沢山あります。
  

Posted by ボランティアスタッフ at 03:45保護犬

2013年05月27日

4月の支援物資のご報告とお礼

ボラスタッフ カワノです。
昨日の譲渡会で元斜頚の「ナナ」ちゃん、トライアル決定しました!
正式譲渡になりましたらまた代表のほうからブログにてご報告があると思います♪


でわ遅くなりました4月分の支援物資報告です!
(伝票にお名前が見当たらなかった、またはわたくしのほうでお名前を確認することが出来なかった物資については、お名前不明とさせていただきました。申し訳ございません)



I 様






お名前不明






お名前不明






S・J 様






お名前不明






H・T 様






S 様






S・E 様






F・M 様






O 様






O・H 様






お名前不明






T・A 様






お名前不明






Y・K 様






O 様






お名前不明

そのほか、サークル・毛布・タオル・フードなど





M・M 様






M 様






お名前不明






S・M 様






S・M 様






I・F 様






A 様






S・M 様






S・M 様






T・N 様






M・Y 様






お名前不明




以上、4月に全国からご支援いただきました物資です。
本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。 m(__)m






  

Posted by ボランティアスタッフ at 16:26ご支援のお礼

2013年05月25日

譲渡会のお知らせ

ボラ カワノです☆彡


明日は第4日曜ですね!
のじりこぴあ駐車場での犬猫譲渡会の日です!!

時間:12時~15時

優しい飼い主さんとの出逢いを心待ちにしてる犬猫がたくさん参加します♪
ぜひ会いにいらしてください(*^_^*)
  

Posted by ボランティアスタッフ at 21:34イベント

2013年05月21日

エイズの子達



保護家のエイズ部屋には、三匹の入居猫さんがいます。

「キーちゃん」 ♂ 4~5歳



キーちゃんは、飼い主から「検査したらエイズだったから」
・・・そんな理由で棄てられました。

一度は人間に裏切られた仔…
ですが、キーちゃんは人間を大好きでいてくれてます。



甘え方が優しく、他の猫にも優しいキーちゃんは、
スタッフやボランティアさんにも大人気です♪



「ニコ」 ♀ 1歳


多分、ペルシャか何か入ってる仔だと思います。
お猿さんみたいな個性的な愛らしい顔をしているニコですが…
めちゃくちゃ我が強いですワーイ
保護当初は、手が近づくだけでシャー&猫パンチでしたので、
随分と人間に心開いてくれたほう…かなワーイ



体を触られるのは大嫌いなので、
スタッフとボランティアさんの腕は、みんなひっかき傷だらけ???
だけど、なぜか心地良いんです♪ニコさんの攻撃が♪



「わたげ」 ♀ 3歳位


某所からレスキューしたわたげは、
交通事故だったのでしょうか…
左目がなく、両前足二本がマヒしていました。
歩く事もできませんでしたが、スタッフさんのご協力もあり、
毎日関節を伸ばすリハビリを続けた結果、
前左足の麻痺が少し良くなりましたメロメロ



トイレは低いトイレを置いていますが、
やはり失敗も多いです。ちょっとした高さも、
わたげにとったらキツいんでしょうね…
顔は怖いですが、とても人懐っこい優しい甘え方をする女の子です。



ワクチン未接種猫、病気部屋、感染症隔離部屋、
健康部屋、エイズ部屋、不妊手術待機部屋…
部屋数が圧倒的に足りず、六畳を無理矢理二部屋に分けたのが、
エイズ部屋ですが、まだまだ手を加えなきゃいけない箇所もあり、
部屋をフリーで動けるのは、ジャンプができないわたげさんだけ。
一日も早く、ニコもキーちゃんもフリーにできるように
スタッフ一同、なんとか時間をみつけてみます…
  

Posted by ボランティアスタッフ at 23:38保護猫

2013年05月15日

半身不随の美雨さん

今日マスコミの方とお会いして、過去の質問に答えながら、
自分の原点にふと気付きました。
猫と初めて深く携わったのは26年前。
猫を二匹飼っていました。
一匹は、後両足が奇形で歩行が上手にできませんでした。
同情心ではなく、沢山居た子猫の中で
普通に可愛いと思って選んだ子でした。
もう一匹は、顔が皮膚病でグチャグチャでしたが、
沢山居た猫の中で、一番に愛おしいと思い引き取った仔でした。

半身不随の美雨さん、ほぼ24時間一緒に行動しています。



一日5~6回、尿と便を絞り出さないといけないので
大変でしょう…と言われますが、
自分の中で違和感を感じた事がなかったのは、
最初の出会いが、そういう子達だったからかな…と、
今日あらためて気付かされました。

美雨は、飼い猫だったと思います。
交通事故で保健所に保護されたところをレスキューしましたが、
美雨は、赤ちゃんを産んだばかりの体でした。
美雨は、人間の手を怖がります。
私の手も未だ怖がり、いきなり手を伸ばすと委縮してしまいます。
きっと美雨は、飼い主から叩かれていたのでしょう…



怖がり方が激しく、美雨に負担がかかってしまうので、
一度も譲渡会には連れて行ったことがありません。
ですが、飼い主さん募集はしています。
積極的にはしていませんが…必ずどこかに良縁があると
信じているので…



保護家のスタッフ、ボランティアさん達は、
美雨の事をとてもかわいがってくださり、気にかけて下さいます。
美雨は下半身が細いので、おむつしてもすぐ取れてしまい、
お尻を引きずって歩くので、肛門も変形し尿毒症が心配なので、
保護家内をあまり自由に歩かせることはしていません。
車椅子を購入する事も考えましたが、高額なので手が出せません。



ボランティアさん手作りの車椅子…
何度も何度も作り直しながら、毎週のように持ってきてくださいます。
嫌がる美雨さんに何度もチャレンジしてもらいながら、
「いつも嫌がる事してごめんね~」
車椅子ボランティアさんのさえちゃんに
美雨さんが初めて喉をゴロゴロ鳴らし甘えてたんです!


美雨さんは、私以外の人間には警戒心強く、
甘える事が一度もなかったのに…
美雨さんには分かったのでしょうか…
さえちゃんの美雨さんを想う気持ちが…
自分のために一生懸命になってくれている人だという事が…

人間の手が要る子達ほど、愛おしいという感情とはまた違う
不思議な「想い」が出てきます。
「お世話してる」という気持ちではなく、
「お世話させてもらってる」という感覚が強くなります。


美雨さんと出会えて良かった…
本当なら、このままずっと美雨さんと一緒に居たい。
手放したくない…
だけど、それは私のエゴなんだろうな…と思います。
美雨さんの幸せは、私と共生する事ではない。
美雨さんを疲れさせてしまうから…

美雨さんの事を少しでも気にかけて下さった方がいれば…
嬉しいです。
一度美雨さんに会いに来て下さい…



推定2才。人見知りが激しいですが怖がりサンなだけです。
穏やかで優しい女の子です。


一日5~6回、膀胱絞りや便を出す時間の取れる方…
膀胱の張り具合や、腸に便があるときは、
指の感触で覚えて行けますので、
経験のない方でも大丈夫です。

保護家の見学、面談希望の方は、
必ず前日までにメッセージやお電話で日時をお知らせください。
当日になりますと、対応できるスタッフが不在の場合、
お断りする場合がございますので、ご注意ください。

宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581

090-4484-5165
  

Posted by ボランティアスタッフ at 02:45保護猫

2013年05月13日

三本足タケちゃんの事情

タケちゃんが管理所に収容されてた時、
タケちゃんから危機感恐怖心といったものが、
一切感じられませんでした。



強い自信…みたいなもの???を感じ、
「この仔はここがどういう場所かは分かってます…よね?」と、
職員さんに思わず聞いてしまった位でした。



レスキューの時、喜んで自らの足で檻を出る子、
私を怖がったり、警戒して檻から出る事を拒む子…
ほとんどの仔が、この二つのパターンなのですが、
たけちゃんは違いました。

レスキュー当日、タケちゃんから拒まれました。

「ご主人が迎えに来るのに…僕をどこに連れて行くの!」
タケちゃんは座り込むかのように、
腰を一切あげようとしなかったんです。

叩かれても何されても、飼主が全てだったのでしょうね…
飼主がお迎えに来ることを信じていたのでしょうね…
これっぽっちの疑心も抱かずに…




タケちゃんは、検疫中にあっという間に心を開き、
お腹を見せて甘えたり、とても穏やかに感じました。



群れデビューも問題ないだろう…そう思ってたのに、
群れに出した途端、タケちゃんの目が変わりました。
私に向ける穏やかで優しい目はなくなりました。

タケちゃんは、強さをアピールするかのように、
犬達に威嚇して回りました。
群れデビューの翌日、タケちゃんはすっかり孤立してしまいました。



ふと、弱組さんの群れに入れようと思いました。
弱組さんとは、群れに馴染めずいじめの標的になる子達の事です。
本来ならば、強い仔は絶対に入れてはいけないもう一つの群れですが、
タケちゃんをレスキューする際、
職員さんがおっしゃってた言葉を思い出したんです。

「この仔は元々強い犬だったと思いますが、
 周りを思いやるという心はあまりなかったんじゃないかな~…
 足を一本失った事で、性格が変わったと思います。
 ハンデを負った犬猫は、平気な顔してても
 どこかに不自由さを感じるものです。
 そんな経験をしていくうちに、
 今まで見えなかったものが、見えてくるんですよね…」




タケちゃんを恐る恐る弱組の群れに入れると…
タケちゃんの目が戻りました。
優しい穏やかなタケちゃんの目に…



タケちゃんは、弱い子や年配者にとても優しい仔なんです。
年配者のコナンから、吠えたてられても咬まれても、
タケちゃんはコナンに反発する事が一切ありません。
群れの中ではあんなに威嚇して回ってたのに…

タケちゃんは、群れの中では四本足だった頃の
強かった頃のタケちゃんに戻ります。
きっと…そういう環境が、昔のタケちゃんを思い出させるのでしょう…
弱組の中では、三本足の、今の穏やかなタケちゃんなんです。



犬達を一頭一頭見ていると…
人間のレベルの低さを、まざまざと思い知らされます。
凄い…犬って本当に凄い!

タケちゃんの新しい飼い主さんを探しています。
とても穏やかで、吠える事もほとんどありません。
体の割に顔が大きいので、大型に見えますが、
体重は14キロしかありません。普通の中型犬です。




タケちゃんに良縁がありますように…
  

Posted by ボランティアスタッフ at 03:58保護犬

2013年05月12日

おかえり!スマイル!

三月に譲渡したスマイル…



二ヶ月ぶりに保護家に帰ってきました!
里帰り?いえいえ、出戻りさんですオドロキ

飼主さんは、決して悪い方ではありませんでした。
スマイルと仲良くなろうと、二ヶ月間飼い主さんなりに
頑張って下さいましたが、犬×人間にも「相性」はあります。
スマイルは、最後まで心を開く事が出来ませんでした。



保護家に戻ってきたスマイルは…
体も大きくなり、顔も青年の顔になっていました。
私やボランティアさん達の事も、しっかり覚えていて、
「たっだいまぁ~♪」と言っているかのような生き生きした
表情に戻りました。





そうなんです…
スマイルは、心開けばとても甘えん坊のやんちゃさんなんです。
犬達とも上手に付き合える仔です。
ムッチャンは、群れの中でも下の方なので、
これ以上下にならないようにと、いつも必死ですワーイ



早速ムッチャンの洗礼を大人しく受け入れたスマイル♪



生後一歳なった位の、まだまだ青年です。
ダメな事はダメだと教えれば、
目をジーッと見る落ち着きもあります。



優しい男の子です♪
人見知りが激しいので、最初は逃げ回りますが、
女性にはすぐ心開きそうな感じがします。
どうか、スマイルをよろしくお願いします…
  

Posted by ボランティアスタッフ at 01:58保護犬

2013年05月09日

譲渡会ご報告

先日の日曜日、保護家にて譲渡会開催しました。
開始前からお客様からひっきりなしに来て下さり、
お陰様で、写真を撮る暇もない位でした♪

スタッフも大勢いましたが、各自お客様の対応におわれ…
その割に…譲渡頭数はゼロっワーイ
残念…?いえいえ、とんでもない!

こういう施設があるという事を知って頂く事、
どのように管理運営しているか知って頂く事、

それは、啓発の一環になったとスタッフ一同満足です♪

そして…
この施設に居る犬達は、
人間との共生が不可能だと判断され、
譲渡適性検査に落ちた犬達。


未だ人見知りして逃げる子もいますが、
それはその仔の性格です。

お客さんに威嚇する犬も、吠える犬も一匹もいません。
むしろ、お客さんに甘えたり、完全にリラックスしてお昼寝する仔ばかりです。



「ここの犬達はどうしてこんなに穏やかなの?」

施設に来られるお客さん皆さんに不思議がられる位、
うちの「群れ」はゆったりとした時間が流れています。

この子達は、人間と共生できないとされた子達。
いわゆる人間の言葉を借りるならば…
「問題犬」と言われた犬達です。



それでも、人間が一生懸命その仔と向き合う事で、
ここまで変われるんだ…

そんな当たり前のことですが、言葉ではなく、
実際の子達を見て触れて、体で感じて欲しかったんです。

譲渡には至りませんでしたが、
施設での譲渡会は、成功したと思いました。
私たち施設が出来る啓発はこれだ…と手応えを感じました。

猫達も、ボランティアさん達の深い愛情のおかげで、
甘えん坊さんがとても多いです。
大きな体で方に乗ってくる子、犬のように足にまとわりついて来る仔、
初めての方のおひざにもチョコンと座ったりと、
ワシャワシャと寄ってきます♪



施設に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

また来月を予定しておりますので、ぜひ遊び感覚でいらしてください♪

※週一以上~来て下さる有償スタッフ一名募集しております。
 9時~17時位まで勤務できる方…
 年齢性別は問いませんし、心の病気を抱えている方も大歓迎です。
 詳しくはオーナーへのメッセージにお願いします。
  

Posted by ボランティアスタッフ at 16:28ご報告

2013年05月05日

本日施設内譲渡会です♪

本日、「いのちのはうす保護家」内にて、

初の譲渡会開催します。

代表のミスで、新聞告知に肝心な日付を入れ忘れ、

連休中は毎日譲渡会…という事になりましたが、

結果オーライ…という事でワーイ

本日は、スタッフも大勢待機しておりますので、

一匹一匹の詳しい説明も、施設内のご案内もゆっくりできますので、

ぜひぜひ、遊びに来て下さい♪




東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家


時間:12時~4時


施設には、犬18頭、猫20匹が居ます。

それぞれの場所で、フリーになって過ごしています。

施設内で犬猫がノビノビした姿を見て、触れて、

時間をかけてゆっくり考えて頂けると幸いです。

日南拠点のドッグレスキュー「ONE歩」も参加します。

フリーマーケットも同時開催いたします。

施設に来て下さったお子様に、

動物関連の図書コーナーもあり、

ゆっくり読んで頂くお部屋もございます。


大きな地図で見る
↑この地図の出発地点は、大淀学習館からの出発で表示されています。

【宮崎市からお越しの場合】

26号線を国富町方面直進。

ファッションランドタカヤマさん信号を右折。

木脇中学校前信号左折(355号線)

セブンイレブン三名店さん信号直進後、

止まれ標識を右折(355号線)後、

車で10分程直進し、左手に「山下」バス停があります。

バス停から約700m直進すると、右手ビニールハウスがあります。

ビニールハウスを右折。

少し直進して、最初の十字路を右折したら、

左手に当会の「旗」が立っています。

【カーナビやスマートフォンのナビで来られる方】

「宮崎県東諸県郡国富町八代北俣2581番地」

をお手数ですが入力してください。

  

Posted by ボランティアスタッフ at 11:15イベント