2018年07月19日

浅田美代子さん講演会ご報告

「愛護センター譲渡会に参加している
個人保護主さん、団体さん、センターが抱えている
猫達が増えて来たのに、
訪問者は減ってきてるんです…
センターの成犬譲渡がなかなか決まらない…」
センター職員さんから、そう聞いてました。

個人保護主さん、個人預かりさんは、
毎週日曜日、お休みを返上して
譲渡会に参加されています。

私たちには、「保護猫カフェ」がある。
保護施設がある。
センター譲渡会の参加は、
遠慮しようという方向性になりましたが、
当施設に来て下さる方や、
譲渡のお問合せがあったときには、
愛護センター訪問と、センターの譲渡会を
お話するのですが、

「愛護センターは可哀想で選べない」
「前に行ったけど、譲渡犬が1匹しかおらんかった」
「前に行ったけど、猫があんまりいなかった」
「ニュースで見たけど可哀想な犬猫を見たくない」

今は、センターには、譲渡犬猫に回れた仔も増えてきました。
譲渡会には、沢山の犬猫も参加しています。

決して暗い場所ではない!

だから・・・
愛護センターに!譲渡会に!
足を運んで欲しい!

だけど、私では完全に力不足アセアセ
浅田美代子さにお声をかけて、
急遽、宮崎に来て頂く事ができました!

それでも行く勇気がない・・・?
それでも良いんです!


愛護センターという場所は、
浅田さんも講演会が出来るような場所、
子供達へ、命の授業もしている場所なんだと知って頂き、
気に留めてくださる事が大切。

「センターには譲渡の犬猫いなかった」
は、
オープン当初だけで、
今は違うんだという事も、知って頂けたらと…。

愛護センター講演会には、
愛護センターに初めて来た方もいらっしゃいましたが、
大半の方が、「保護犬猫」「行政のシステム」
知識のある皆さん。

だからこそ!だからこそ!
浅田さんから話して欲しいことがありました。

「殺処分ゼロ」の裏にある「真実」を…。
「殺処分ゼロ」という言葉で、
苦しんでいる犬猫がいる事を…。


テレビの前では話せない事をたくさん、
講演会で話して下さいました。


辛い真実、悲しい現実だけではなく、
保護犬の楽しい話も沢山してくれました。


この愛護センター設立には、
宮崎市の戸敷市長、
鈴木いっせい議員、
宮崎県の動物愛護活動の先駆者、
「みやざき動物のいのちを守る会」小倉優子代表、
この方々あっての実現でした。
急なお誘いにもかかわらず、講演会に来て下さいました。


講演後は、愛護センターのバックヤード見学へ。


立派な手術室に、浅田さん思わず「すっごーい!」

だけど・・・


ケージに入りきらない程の、
保護猫達の数…


冷暖房完備で凄いんだけど…
1頭1頭のお部屋もあって凄いんだけど…

浅田さんが感じた違和感は、
私が感じていた違和感と同じものでした。





愛護センターの講演会と視察も終わり、
続いては「宮崎市保健所」へ移動。

第二部講演スタートです。


保健所の講演会には、
犬猫の現状を初めて聞かれる方も多く、

「保護犬」のお話、
「悪徳繁殖業者」のお話、
「殺処分」のお話、

色んなお話をして下さいました。


殺処分された子犬の写真を説明しながら、
涙を流す浅田さん…


浅田さんの言葉には、「心」があります。
決して、綺麗な言葉を並べ立てない。
決して、口先だけの嘘を言わない。

だから…浅田さんの講演を聞いて欲しかったんです。
浅田さんだからこそ…皆さんの心に響くのです。


私は、犬にも人間と同じ感情がある事を、
お伝えしたかったのですが、
私の言葉では自信がなかったので、
命を懸けて我が子を守り抜き、
我子の無事を確認し、旅立った母犬の動画
「敬意」を流しました。

なぜ、老犬ホスピスを作ったのか、
なぜ、老犬デイサービスを作ったのか、
そのお話もしました。


浅田さんが、動物愛護の活動をしている事を
知らない方もたくさんいらっしゃってて、
お仕事ではなく、完全なボランティアだという事も、
驚きと感動の連続だったと思います。
「保護犬」へのマイナスイメージも、なくなったと思います。





翌日、16日は・・・
「私のトークショーに浅田さんも出て欲しい~」
と、お願いしたら快くオッケー拍手

フィットネス×動物愛護
コラボイベントに参加してくれましたメロメロ


昨日の愛護センターを見学した時のお話や、
保護犬のお話や、約20分盛り沢山のトークでした。


このような、全く違うジャンルの中で、
お話させて頂く機会は、本当に嬉しいと、
浅田さんもおっしゃって下さいました。


最後は、チャリティーグッズ購入して下さった方に、
浅田さんのサインと握手会。

あ、サイン貰ってるボーダーの人は、
保護家ボラトリのアンディーです(笑)
「犬猫美容 わん」


わたしごとではありますが・・・
たおさん、まちゃこさん、アンディー、高柳さん、あちゃみ、
ズッシー、薫さん、みやちゃん、みよこさん、
ゆきみちゃん、なおちゃん、なおこさん、高田さん、
今川ちゃん、真知子さん、みきちゃん、
保護家夜勤担当スワンさん、チラシ配布ボランティアさん、
(名前抜けてたらごめんねタラーッ)

イベント、保護家の作業、
二班に分かれてのボランティアを
本当にありがとうございました。

二日間、無事乗り切れたのは、
皆さんのおかげです!
素晴らしい仲間達…ありがたくて頭が下がります。


そして・・・
バッタバッタの二日間、
浅田さん、遠い宮崎まで本当にありがとうございました。
浅田さんがこの二日間作ってくれた基盤、
絶対に無駄にしないよう、頑張ります!

MRT「ニュースNext」さん、「わけもん」さん、
取材ありがとうございました。






・・・追伸・・・

愛護センター講演会は、定員35名だったので、
facebookのみの告知でした。

宮崎市保健所講演会は、定員100名予定でしたが、
新聞に告知した日、朝の五時から電話、メール、
web申し込みが殺到してしまい、
スタッフ三名、早朝五時から連絡を取り合いながらの
対応に追われてしまいました。

保健所と交渉し、
定員をギリギリ30名追加が可能となりましたが、
それでも・・・
大勢の方にお断りしなきゃ状態で、
本当に心苦しかったです泣き

チケットが取れず、浅田さんを一目見たいと、
当日は朝の9時に、保健所の玄関に来て、
浅田さん入りを待っていたご年配の方…
本当に本当にごめんなさい…泣き

  

Posted by ボランティアスタッフ at 14:38イベント

2018年07月05日

6月の支援物資のご報告とお礼

6月もたくさんのご支援ありがとうございました。

西都市 H様



宮崎市 Y様



日向市 N様


国富町 T様


東京都 O様


都農町 N医院様


愛知県 M・F様


宮崎市 M様


宮崎市 S様 H様 N様


都城市 T・T様




宮崎市 M・T様


長崎県 E・M様


都農町 T・H様


西都市 H様




宮崎市 H様


犬猫美容 わん様


宮崎市 A様


東京都 Y・S様



鹿児島市 S・H様



大阪府 H・Y様


東京都 T・Y様


兵庫県 Shippo-Mum様


熊本県 K・T様


山口県 K・S様


送り主様不明


宮崎市 K・K様


国富町 S様


送り主様不明



T様


都城市 T・T様


国富町 A・S様


東京都 N・Y様


宮崎市 I様


愛媛県 M・Y様


鹿児島県 H・Y様


大阪府 K・K様


匿名希望様



6月も沢山のご支援、本当に感謝致します。
必要な物、不足しそうな物が届いた月でした。ブログや、HPの支援物資のお願いの一覧表を見て下さっているんだなと思うと保護家は本当に恵まれているなと感謝の毎日です。
お礼状を遅らせて頂いておりますが、不要な方、又は迷惑になる方はmail等でお知らせください。

しのぎがたい暑さが続きますが、体調には十分ご留意ください。

※ご報告漏れや送り主様が不明となっている場合はお手数をおかけしますがメールにてご連絡くださいませ。
また、支援物資をお送りいただく際に「送り主情報」が記載されないように設定されている方は、お送りいただいた際にメールにてご連絡をいただくか、納品書等の備考欄にお名前を入れていただけると大変助かります。
どうぞ、宜しくお願い致します。
mail:hogoya310@gmail.com(担当:カワベ)

  

Posted by ボランティアスタッフ at 22:03ご報告ご支援のお礼