› いのちのはうす保護家 › 2018年12月

2018年12月21日

賛助会員制度作りました

12月9日の記事で、驚かせてしまい

申し訳ございませんでした。



思い切った発信でしたが、

あれから、全国のたくさんの方から、

温かいご寄付が届きました。



施設維持費の入金、手術費用、

支払いを待ってもらってた返済期限に

なんとか間に合う事が出来ました。



ご支援金をご入金くださった心優しい皆様、

お一人お一人様のお名前を書いて

お一人お一人様にお礼を申し上げたいのですが、

こんなに危機を救って頂いたのに、

こんな短い言葉で申し訳ございません。


「優しいお気持ちを、
本当に、本当に、ありがとうございました」

代表blogに、その皆様のおかげで

愛護センターからレスキュー出来た

新たな2つの「命」を

書かれるかと思いますので、

またご覧ください。



今更かもしれませんが、

今回は、つくづく、

「継続」がどんなに難しい事かを、感じさせられました。



これまで運営管理していた「足長基金」。

いのちのはうす保護家は、犬猫お世話の現場中心作業が多く、

事務作業が追い付かなくなり、

パソコンが得意なスタッフが、

夜自宅で持ち帰りの仕事でしたが、

自宅での家事と育児で、精神的に追い込まれていました。

そのため、思い切って「足長基金」を閉鎖しました。

とても怖いけど・・・

でも、その分の時間を「発信」する時間に

充てて行こうと、代表と決断しました。



そして、いのちのはうす保護家は、

「賛助会員制度」を新しく作りました。



理由は、代表のブログか、
https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/

また後日このブログの中で

書きたいと思います。

ご支援をお願いするばかりでなく、

私達側も、ご支援者様に

「リターン」でお礼をして行く形を取りました。

ご支援、ご協力、応援、

よろしくお願いいたします。







  

Posted by ボランティアスタッフ at 23:42お知らせ

2018年12月15日

フリーペーパー「もふもふ」リニューアル

フリーペーパー「もふもふ」が、

今月号よりリニューアルしました。

メインタイトルは
「いのちのはうす保護家」

「もふもふ」というタイトルは、

私達の原点、大切にしてきたものなので、

サブタイトルとして今後も残していきます。


毎号、テーマや特集記事をメインに、

楽しい記事から・・・



「もふもふ」のメインテーマである

切実な問題も、飼主さん目線に立って、

少しでも参考にして頂ければと思います。


もちろん、「介護と看取り」のシリーズも続いてます。

今月号は、余命一週間と診断受けた末期の中、

三ヶ月も生き抜いた「サンペイ」のお話です。





フリーペーパー
「いのちのはうす保護家」~もふもふ~は、

新たな一歩を踏み出しました!



が・・・アセアセ



個人支援者様への、

一年更新のご案内が滞り続けてたようで、

現在、28名の支援者様のみです。


ご賛同下さる方にお願いがございます。

どうか、個人支援者様になって頂けないでしょうか。

一ヶ月500円の年間費6,000円です。


どうか、ご支援ご協力よろしくお願い致します。

お電話でのお問合せ 090-4484-5165
(メールQRコード)

↓個人支援者様・年会費ご入金先↓
宮崎銀行 国富支店 普通口座141871
 口座名義 いのちのはうす保護家 代表山下由美



個人支援者様同様、広告様へのフォローも

滞っていた状態のようで、

今月号の発行には、実はほとんど広告様がおらず、

自営等の知り合いに頼み込んで、

今月号のみという約束で助けてもらい、

無事発行が出来ました。


ですが、

1・2月号の発行が無事に出来るのかが…



フリーペーパーにご賛同頂ける

広告様も、緊急募集しております。


契約までの流れは下記の通りです。



どうか、フリーペーパー継続のため、

お力を貸して頂けないでしょうか…。

ご連絡頂けましたら、

担当スタッフがご説明にお伺いします。

もちろん、ご納得がいかなければ、

御遠慮なくお断り下さっても構いません。



お電話でのお問合せ 090-4484-5165
(メールQRコード)



これまで12ページでしたが、

2ヶ月に一回の発行となったため、

やはりページ数を増やそうと思い、

今月号も16ページのままで発行しました。





  

Posted by ボランティアスタッフ at 23:59ご報告お知らせ

2018年12月09日

1、保護家はもう資金が底つきました 2、代表への怒りと暴露


ここ数カ月、ご支援金を足長基金で呼びかけさせて

頂いたりとしてきましたが現在

「いのちのはうす保護家」は
資金難です・・・。

まだ足長基金のページに載せれていない子で

医療費のかかる子が沢山いるのが、

今の保護家の現状です。


会の残高がほぼ十万以下を切ってしまいました…。

(ゆうちょ銀行の通帳です)



(宮銀の通帳です)

この後、通帳から、施設維持費で

104,000円の引き落としがあったので、

現在の口座残高は
89,932円です。

ゆうちょ口座から、12月3日に引き出した15万円。

この翌日「白血病の松子」の医療費、

マールのサプリ代金等、

わずか一日で、手元にあった現金15万円も

医療費にほとんど飛んで行きました。

明日は、猫ホスピス「ノン」「キィ」の薬が

きれてしまうので、買いに行かなければいけません。



代表に資金難の事を相談はしていました。

でも、「なんとか乗り切ろう!」

と、代表を中心にみんなで医療費を負担してきましたが、

もう限界、危機だと思いました。

だから、こうして現状を正直に書こうと思いました。

今の私達には、皆様のお力添えがないと

続けていく事が出来なくなりました。

いつもながら、厚かましいことは重々承知しています。

すでに虹の橋を渡った子達のご報告、

多額の医療費を必要とする福島県から来た
病気を抱えている老犬。

今夜も福島県から腫瘍を抱えている老犬が
保護家に到着します。

日々の作業でまだ報告すら出きないままですが、

その前に、資金難だという現状をお伝えしなければと、

今日はこの記事にしました。

後ほど、必ず全ての現状をご報告いたしますが、

今は、皆様にご支援をお願いする事しか出来ません。

資金難で他県から病気の犬を受入れるなんて

バカだな、自業自得だと言う人もいると思います。

なんと言われても仕方ないと思っています。

だけど、そこに守りたい命があったんです。

どうか、施設維持、医療費、ご支援をお願い致します。

宮崎銀行 加納支店 普通口座 104601
​口座名義:動物たちの未来のために 代表山下 由美​​​

郵便貯金 17310-434961
口座名義:イノチノハウスホゴヤ

〒880-1222 宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
      いのちのはうす保護家 
090-4484-5165(担当フジイ)

保護家の存続に、どうかお力を貸して下さい。

ダウン

ダウン

ダウン

ダウン

ダウン

ダウン
なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ?
私、スタッフである鳥越の本音を書きますなにぃ?

テレビや雑誌で見る山下由美からは、

気品があり、さぞ恵まれた家庭で育ち、

優雅な専業主婦だからこそ出来たんだろうと思っていました。

施設でも、厳しくスタッフやボランティアさんを

指導する立場で、「社長」のイメージがありました。

権力とお金と自分に自信持ってる人。

自分とは違う世界の人だと思っていました。
実際、「いのちのはうす保護家」の

ボランティアで入ってみると、

想像してたイメージは良い意味で裏切られました。



一緒に作業をして行くうちに、

「?」「?」「?」がたくさん出てきました。

事務所に置いてある「山下へそくり」という貯金箱。

蓋は壊されている?へそくり?ってなに?
「これなんですか?」恐る恐る聞きました。

「山下家はね、旦那が家計握ってるの。

毎月旦那から食費の材料代だけ貰えるから、

そこから上手くやりくりして、へそくりしてるの。

お小遣いまでは貰えないからね(笑)

でも、ここから小銭を出す山下由美は、

いつも誰かに何かを買うとき。


代表山下由美という人は、

優雅な専業主婦ではありませんでした。


「奇跡の母子犬」の著者、山下由美。

映画の原案者、山下由美。

印税は400万円入ったそうですが、

半分の200万円を旦那さんに渡したそうです。

理由は、仕事を辞めて保護活動に専念した

お詫びの気持ちだったそうです。

残りの200万は、イベントの費用や

出張や視察、施設の赤字補填で

今日までの時点で170万円も使い切ったそうです。

今も印税が入っているのか聞いたら、

平均すると年間1万円しか入ってこないそうです。



子供服販売が軌道に乗ってたのに、

それを捨て・・・



大手出版社PHP本社ロビーには、

あの池上彰さんの本より前列に、

あの松下幸之助さんの本と並べられてたほど、

出版社から期待をされてたのに、

作家への道も開けてたのに・・・

作家の道に進もうとしませんでした。

それさえ、誰にも言わない。

県の委託事業「ひまわりの家」の所長にもなったのに、

殺処分される子達を救いたいと自らその地位を捨て・・・

こんなへんぴな場所から

「いのちのはうす保護家」を起ち上げました。


全ては動物たちの未来のために・・・。

↑ここまでは、山下由美代表の許可をもらい書きました↑

ダウン

ダウン

ダウン

ダウン

ダウン

ダウン
なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ? なにぃ?
↓ここからは
山下由美代表の
無許可で書きます↓

山下由美に腹がたってたまりません!

なんで、自分のために生きないの?

なんで、自分を粗末にしてるの?

昨日の、山下由美のブログを読んで、

もっと腹が立ちました。


12年かけてコツコツと努力を重ねて

不可能を可能に変えて来た凄い人物。

努力してない?苦労してない?

冗談じゃないです。


パソコンの前には、大きなホワイトボード、

これからやるべき仕事内容が

貼り切れない程貼ってあります。

睡眠時間をまともにとらないから

パソコン作業しながら寝落ち。


こんなハードな日々のくせに、

「昼間はもう、スタッフに任せられるから

日勤のバイト探している」

と、言い出しました。

保護家が資金難になり、自分の貯金(印税)も、

今月でゼロになるから、もう赤字補填が出来ないからって。



今、保護家は、大きな目標に代表が猛勉強中です。

ご支援だけに頼らずに、保護家を存続して行ける方法。

すぐにはもちろん不可能です。

だからバイトをするつもりなんだろうと。



「過労死」が頭をよぎりました。

それだけは阻止していますが、

「私が死ぬ前に、その基盤を作りたい」

この言葉で、本人も気付いてるんだと思いました。

「呼びかけようよ。ご支援を呼びかけようよ」

と言いました。

「ずっとブログを書いていなかったから。

現状報告していないイコール寄付を頂いている身で、

責任業務を怠った自己責任。

私にはご支援を呼びかける資格がない」

と、山下由美代表は答えました。

山下代表のブログでは、

「私は忙しくない。時間の使い方が下手なだけ」

と書いてるのを見て、腹が立ちました。

違います!!

この写真を見て下さい。

  
これは、山下由美代表の仕事部屋の本棚です。

人間の介護系、デザイン関係、動物愛護法関係、

いろんなジャンルの本を読み漁ってます。

付箋とマーカーだらけの本。

一体いつ読んでるの?と不思議です。



これまで山下由美代表は、

スタッフみんなが働きやすい環境作りの改革、

無料でカウンセラーしてきたり、

誰かのために時間を割いています。

それを「自己責任?」

業務を怠った自分の責任だから、

支援金を呼びかけられない?



老犬デイサービスも無料?

講演会講師費用も無料?

カウンセリングも無料?

なんで?
なんで?
なんで?



山下由美代表は、レスキュー決断したときに、

私達にいつも言ってます。

「犬猫を助けたいという感情は、

その命と必死になって向き合ってる人間を

助けたいという感情もSetでつくんだよね」

もし、山下代表と同じ感覚をお持ちの方がいれば

という思いで、本当の山下由美を暴露しました。



身を粉にして、自分を犠牲にしながらも、

山下由美代表が

必死に守ろうとしているものを、

一緒に守っていただけないでしょうか・・・

ご支援を募らせてください。



もしかしたら、山下由美代表から、
この記事を削除されるかもしれないです。
でも、昨日の山下由美代表のブログを読んだときに、
「こんなに軽い人じゃない」っていうのを
言いたかったんです。


記事 鳥越麻美



  

Posted by ボランティアスタッフ at 17:04ご報告保護犬保護猫動物愛護お知らせ

2018年12月06日

11月の支援物資のお礼とご報告

11月も沢山のご支援有難うございました。

長崎県 N・T様





門川小学校 様


国富町 S・Y様


福岡県 M・S様


ペット霊園ドリームランド様





西都市 M・Y様


東京都 U・I様




宮崎市 H様


宮崎市 Y様


佐賀県 S・H様




R・T様


熊本県 K・T様


宮崎市 K・U様


宮崎市 M・T様


宮崎市 T・S様


H・H様


西都市 M・S様


送り主様不明


西都市 K・H様


宮崎市 K様


日向市 N様




宮崎市 T様


宮崎市 M様


埼玉県 M・S様



西都市 T・I様


大阪府 K・H様



日向市 匿名希望様



鹿児島市 匿名希望様


都城市 S様



長崎県 M・F様


西都市 K・H様


国富町 M・T様



宮崎市 H・T様


長崎県 N・T様



都農町 T・H様


石川県 Y・Y様



K・J様


宮崎市 N様


小林市 Y・T様


宮崎市 S様


宮崎市 S様



東京都 U・I様



宮崎市 N様


宮崎市 Z様


東京都 T・Y様


群馬県 N・U様


宮崎市 K動物病院様


宮崎市 K・U様


宮崎市 S・H様





鹿児島県 K・K様


愛知県 S・T様


都城市 S・K様



群馬県 Y・K様



11月も沢山のご支援有難うございます。
猫砂・猫用ペットシートは、特に消費するもので在庫がなくなってしまった時は何度かスタッフが買いに走る事もありました。

ですが皆様が支援物資のお願いの欄を見て下さっているお陰で今月もなんとか乗り切ることができました。

お礼状も追いつかない状態ですが…少しでも感謝の気持ちを伝えたく、保護家の犬猫のポストカードでスタッフ・ボランティアさんで書いているので待ってもらえると嬉しいです。
※不要な方はお問合せ先、又はFacebookのメッセージでも構いませんのでご連絡下さい。
 間違えて送付してしまったT様にはお詫び申し上げます…。

これからも、どうか「いのちのはうす保護家」の子達を宜しくお願い致します。


※ご報告漏れや送り主様が不明となっている場合はお手数をおかけしますがメールにてご連絡くださいませ。また、支援物資をお送りいただく際に「送り主情報」が記載されないように設定されている方は、お送りいただいた際にメールにてご連絡をいただくか、納品書等の備考欄にお名前を入れていただけると大変助かります。どうぞ、宜しくお願い致します。mail:hogoya310@gmail.com(担当:カワベ)











  

Posted by ボランティアスタッフ at 00:12ご支援のお礼