2017年07月13日

犬を探しています

保護家の真央が、7/6の25時半頃、

高岡のトライアル先のお家から脱走しました。



野犬だった頃にレスキューし、

心のケアを重ね、

三年後やっと幸せを掴んだと思ったのに…。

言いたい事は山ほどありますが、

とにかく、真央が無事に帰ってきてくれることを

一番に考えたいと思います。



7/7から、深夜~明け方中心に

毎日探しに行ってますが、

未だ有力な手掛かりはゼロです。

なので、行動範囲が広くなっている事も考えられます。

私も、捜索場所を、高岡内山と断定せずに、

捜索範囲を広げました。


皆さんのご協力を、ぜひ、お願い致します。

チラシは保護家にありますが、

チラシのデータ(powerpoint)を送る事も出来ますので、

ご協力ぜひ、よろしくお願いします。


  

Posted by ボランティアスタッフ at 14:34保護犬

2017年07月08日

街頭署名運動のボランティア募集!

7月16日(日) 11時~16時。
橘通り交差点、山形屋デパート前にて、
「動物愛護管理に関する法律改正」
を求める署名運動をします!



当日、ボランティアメンバーが少ないので、
ボランティア可能な方を募集します。

時間が長いので、参加できる時間帯で構いません。

今回の署名運動の主催は、
フリーペーパーもふもふを発行している「ワントゥワンズ」です。

お問合せ、参加申し込みは下記までお願い致します。
080-5214-3323
s2015onetoones@yahoo.co.jp
主催・ワントゥワンズ代表 石塚美穂

※仕事中は電話に出れないので、繋がらないときは
ショートメール残して下さると助かります…との事です。




署名内容は下記の通りです。

犬猫繁殖業について免許制度を!
何度も何度も繁殖を繰り返し、
死ぬまで繁殖犬として利用され、
狭いケージの中で一生を終える犬もいます。

残念ながら、宮崎にも某大型ペットショップが上陸してしまいました。
小さな箱に並べられている犬猫達の母はどこに居るのか?
売れ残った犬猫達は、次は繁殖のために
自分の母のように地獄の中生きて行くのか、
いわゆる『引取り屋』の元に連れて行かれ、
早く死ぬ事だけを望まれるのか…

可哀想だと優しさから買う事は、
次の犠牲犬猫を出すだけにすぎません。

小さければ小さいほど売れるからと、
早くに兄弟、母親から離された犬達は、
免疫力も弱く、社会性も出来ないままで、
結果的に、病気にもなりやすく、飼いにくいからと、
ボロボロな状態で捨てられているというのが現状です。

簡単な講習さえ受ければ、誰でも繁殖屋になれます。
明日にでもなれます。
命を扱う大事な事なのに、誰にでも簡単になれてしまうのです。
※ブリーダーではなく、あえて「繁殖屋」と書かせて頂きました。

そのために、免許制度導入して、繁殖年齢、回数、頭数、
飼育環境を厳しくする必要があると思います。



虐待・ネグレクトから守るための保護制度を!

今の日本では、良かれと作った「所有権」というものが、
虐待、ネグレクトからレスキューする活動を邪魔しています。

飼主が所有権を放棄しない限り、
目の前で苦しんでいる犬猫をレスキューする事ができないのです。
緊急事態であっても、その子に手を出す事は「窃盗罪」になるのです。
(法律上犬猫は「命」ではなく「物」なので「誘拐罪」ではありません)
私達の方が、犯罪者になってしまうのです。

仮に、飼主が所有権放棄してくれたとしても、
飼主には、また犬猫を飼う資格はあるのです。

レスキュー出来たとしても、その飼主がその足で新しい犬猫を迎え入れても、
止める力は、行政にも、警察にも、私達にも、誰にもないのです。
負の連鎖は、その飼主が生きている限り永遠に繰り返していくのです。

そのために、飼主の元から緊急に保護する命令の制度、
動物の所有を一定期間禁止する制度、
違反行為を繰り返した飼主には、二度と生物を飼わないよう
飼養権停止制度が必要なのです。


飼主から虐待を受け続けた
仁、テイ、メメタ
この仔達は、名前すら付けてもらっていませんでした。
虐待が発覚し、所有権放棄を求め、
約2年間、飼主を説得し続けた人が居ました。
2年・・・長く苦しい戦いだったと思います。

仁、テイ、メメタのような苦しんでいる命を、
直ぐに助け出せるような法律が必要なんです。



虐待・ネグレクトから守るため民間と行政の連携を!

今の日本で、下記の事案で有罪判決受けた飼い主は、
何人いるのでしょうか?

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→2年以下の懲役または200万円以下の罰金

愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
→100万円以下の罰金

愛護動物を遺棄した者
→100万円以下の罰金

大きな騒動にならない限り、放置されているのが現状です。
結局、愛護だなんだとありますが、
犬猫の命は法律上「物」なので、
行政や警察の逃げ道、言い訳は山ほど出来るのです。
「指導に行きました」「飼主の飼い方の価値観だから」…と。

日本にもアニマルポリスが必要です。
日本の駐車違反取り締まりと同様に、民間の監視員が必要です。
今のようなあいまいなガイドラインではなく、具体的なガイドラインが必要です。
行政、警察、獣医師、アニマルポリスの連携が必要です。


チェロ(今は幸せになりました)をこのような環境に閉じ込め、
明らかなネグレクトでも、この飼主は罰される事なく、
のうのうと今もどこかで…



緊急避難時のペット同伴避難の推進を!

熊本震災の時、浅田さんと現地に行きました。
熊本の愛護団体さんと竜之介先生にお話を伺い、
苦しんでいる飼主さん、犬猫達の存在を間近で知りました。


ペットとの同伴避難が出来ず、いつ崩れてもおかしくない家や、
狭い車内で避難し続けている飼主さんもいました。
この仔だけを置いていけないと…。


保護家で受入れ、看取ったココちゃんもそうでした。

法律の中に、災害時ペット同伴が義務付けられたら、
各自治体もペット同伴避難所を設けなければいけません。
「所詮犬猫」ではなく、「所詮同じ命」なのですから。


集まった署名は、7月18日、
この署名を呼びかけて下さった浅田美代子さんに直接お渡しいたします。
宮崎県の皆さん、どうか、どうか、署名のご協力よろしくお願い致します。

7月16日(日) 11時~16時。
橘通り交差点、山形屋デパート前にて、
「動物愛護管理に関する法律改正」
を求める署名運動をします!


以下、浅田美代子さんの思いです。

ずっと犬たちと暮らしてきた私にとって、
ペット問題の現場に足を踏み入れるのは勇気を要する決断でした。
私が目の当たりにした繁殖場は文字通り地獄の様相でした。
ドロドロの場所で汚物にまみれ、
どこが頭か判別も難しいほどぐしゃぐしゃで、
でもその奥には私が良く知る純粋な瞳が輝いていました。

こんな不幸を止めたい、一頭でも多く救いたい。
そして動物として当然である普通の幸せな日々を送って欲しい。

それらを現実にすることが犬、そして猫たちに対する私の恩返しです。

次回の「動物愛護及び管理に関する法律」の改正時には
、真に動物たちを守る法律になってもらわなければなりません。
考え方はいろいろあると思います
。しかし団体、ボランティア同士が揉めている場合かな~と思うのです。
今こそ団結して一人でも多くの署名を集めたいのです。

分散して署名を集めるよりも、協力し合って一筆でも多くの署名をと思います。
一人一人では小さな力でも、沢山の人が集まれば大きな力になると信じています。
あなたの力を貸して下さい。力強い仲間と共に署名活動を始めました。
どうぞよろしくお願いします。

浅田美代子



  

Posted by ボランティアスタッフ at 15:59イベント

2017年07月06日

6月の支援物資のご報告とお礼

6月もたくさんのご支援をありがとうございます。




保護家にお越しのY様

いつもご支援ありがとうございます。
スタッフのスタミナ補給に大活躍でした♪
ありがとうございましたm(__)m





保護家にお越しのT様

シートのご支援ありがとうございます。
各サイズ毎日使用するのでとても助かります。
ありがとうございましたm(__)m





保護家にお越しのS様


たくさんのおやつやお菓子をありがとうございます。
スタッフも犬猫たちも美味しく頂きました♪
ありがとうございましたm(__)m





保護家にお越しのN様

フードや毛布類をありがとうございます。
毎日たくさん消費するフードは大袋だととても助かります。
ありがとうございましたm(__)m





保護家にお越しのM様

フードのご支援ありがとうございます。
毎日たくさん消費するのでとても助かります。
ありがとうございましたm(__)m





保護家にお越しのH様

ぬいぐるみをありがとうございます。
子猫や子犬の玩具になっています。
ありがとうございましたm(__)m





保護家にお越しのK様

シートや猫砂、お菓子をありがとうございます。
専用のシートや猫砂は扱いやすいのでとても重宝しています。
ありがとうございましたm(__)m





保護家にお越しのH様

フードやミルク、おやつをありがとうございます。
乳飲み子もたくさんミルクを飲んで順調に育っています。
ありがとうございましたm(__)m





兵庫県 S.Y様




システムトイレ用のシートや砂、シート等をありがとうございます。
どれも毎日使用・消費するものなので大変助かります。
ありがとうございましたm(__)m





徳島県 K.Y様


タオルやゴミ袋等をありがとうございます。
毎日ゴミが出るのでゴミ袋はとても助かります。
ありがとうございましたm(__)m





都農町 H.T様

おやつと新聞紙をありがとうございます。
おやつは犬たちの夕食時には欠かせません♪
ありがとうございましたm(__)m





東京都 S.N様

いつもご支援ありがとうございます。
免疫力の低い子犬や子猫の生活環境も衛生的に保つ事ができています。
ありがとうございましたm(__)m





東京都 Y.T様

システムトイレ用シートと砂をありがとうございます。
保護家は多頭いるためストックがあるととても助かります。
ありがとうございましたm(__)m





都城市 T.Y様

ベビーフードとシートのご支援ありがとうございます。
子猫の保護頭数も増え、フードの消費量も多くなってきたのでとても助かります。
ありがとうございましたm(__)m





川口市 K.A様

おむつとタオルをありがとうございます。
小型犬用のおむつは、半身不随の子達の圧迫排尿時に使用しています。
ありがとうございましたm(__)m





千葉県 T.M様

療法食のご支援ありがとうございます。
目的別に製造されているフードは安心して与える事ができます。
ありがとうございましたm(__)m





西都市 I.T様

シートと猫砂をありがとうございます。
ストックが少なくなっていたので大変助かります。
ありがとうございましたm(__)m





神奈川県 O.Y様




いつもご支援ありがとうございます。
どれも毎日消費するものなのでとても助かります。
ドリップコーヒーは休憩中にスタッフで美味しく頂きました♪
ありがとうございましたm(__)m





若松みーちゃん様

療法食のご支援ありがとうございます。
太り気味の子に与えています。
ありがとうございましたm(__)m





東京都 I.U様







たくさんのご支援ありがとうございます。
猫砂やシートは在庫が少なくなっていたのでとても助かりました。
タオルはスタッフの手拭き用として使用した後に雑巾にさせていただきます。
ありがとうございましたm(__)m





山口県 S.K様


フードや洗濯洗剤、フロアシート等をありがとうございます。
毎日の清掃時に使用するフロアシートは、
このメーカーの物が扱いやすくとても重宝しています。
ありがとうございましたm(__)m





熊本県 Y.M様

電動ノコギリのご支援ありがとうございます。
保護家は老朽化している箇所も多く、定期的に改修作業をするので活躍してくれそうです♪
ありがとうございましたm(__)m





公益財団法人動物環境・福祉協会 Eva様

良質フードと首輪、リードをありがとうございます。
授乳の為たくさんの栄養を必要とするバルーンには栄養価の高いパピーフードは
大変助かりました。
ありがとうございましたm(__)m





熊本県 H.R様

お菓子や洋服等をありがとうございます。
フリマ商品の売り上げは犬猫達の医療費にさせていただきます。
ありがとうございましたm(__)m





宮崎県 S.M様

各種フードをありがとうございます。
犬も猫も毎日たくさん消費するのでとても助かります。
ありがとうございましたm(__)m





京都府 K.Y様

良質フードのご支援ありがとうございます。
腎臓の悪い子に安心して与える事ができます。
ありがとうございましたm(__)m





宮崎市 K.M様

良質フードのご支援ありがとうございます。
毎日たくさん消費するのでとても助かります。
ありがとうございましたm(__)m





河野ジュリ様

おやつとウエットフードをありがとうございます。
毎日の夕食時に欠かせない物です。
犬たちも美味しそうに食べていました。
ありがとうございましたm(__)m





キャットランドにご注文 H.A様

システムトイレ用シートをありがとうございます。
吸収力に優れているので安心して使用できます。
ありがとうございましたm(__)m





ペットトレジャーにご注文 送り主不明

おやつのご支援ありがとうございます。
みんな美味しそうに食べていました♪
ありがとうございましたm(__)m





I.Y様

良質子猫フードとミルクをありがとうございます。
お陰様で子猫たちも元気に育っています。
ありがとうございましたm(__)m





保護家にお越しのM様

たくさんのタオルとウエットフードをありがとうございます。
ウエットフードを混ぜたご飯は猫達の食いつき抜群です♪
ありがとうございましたm(__)m





福岡県 H.M様

良質フードのご支援ありがとうございます。
みんなお腹いっぱい食べて元気に過ごせています。
ありがとうございましたm(__)m





東京都 A様

良質フードやウエットフード等をありがとうございます。
高品質のフードは老犬達にも安心して与える事ができます。
ありがとうございましたm(__)m





長崎県 M.E様

シートのご支援ありがとうございます。
シングルサイズは猫のシステムトイレのシート等に使用しています。
ありがとうございましたm(__)m





東京都 N.H様

タオルやおやつ等をありがとうございます。
タオルは毎日の清掃時等にたくさん消費するのでとても助かります。
ありがとうございましたm(__)m





熊本県 W.T様

シートやおむつ、ウエットフード等をありがとうございます。
半身不随のマールやサンばぁは圧迫排尿を定期的にしてても漏れてしまうので
おむつは欠かせません。
ありがとうございましたm(__)m





神奈川県 Y.S様

子猫用フードとミルクをありがとうございます。
乳飲み子や離乳期に入った子たちも元気にスクスクと育っています。
ありがとうございましたm(__)m





大阪府 A.S様

いつもたくさんのご支援をありがとうございます。
まりあちゃんが残してくれたフードやペットシート、
テイのために大切に使わせていただきたいと思います。
ありがとうございましたm(__)m





amazonにご注文 送り主不明

システムトイレ用シートをありがとうございます。
専用の物は多頭で使用していても漏れる出る事がありません。
ありがとうございましたm(__)m





amazonにご注文 送り主不明

システムトイレ用シートをありがとうございます。
専用の物は吸収力に優れているので重宝しています。
ありがとうございましたm(__)m





amazonにご注文 送り主不明

システムトイレ用猫砂をありがとうございます。
在庫が少なくなっていたのでとても助かります。
ありがとうございましたm(__)m




6月もたくさんのご支援をありがとうございました。
宮崎も梅雨時期に入りじめじめした毎日と、真夏のような暑さが続いております。
犬も猫もこの時期は体調を壊す子たちも多いですが、ご支援くださる皆様のおかげで、何とか乗り切ることができました。
いつも本当にありがとうございますm(__)m



※ご報告漏れや送り主様が不明となっている場合はお手数をおかけしますがメールにてご連絡くださいませ。
また、支援物資をお送りいただく際に「送り主情報」が記載されないように設定されている方は、お送りいただいた際にメールにてご連絡をいただくか、納品書等の備考欄にお名前を入れていただけると大変助かります。
どうぞ、宜しくお願い致します。
mail:hogoya310@gmail.com(担当:カワベ)

  

Posted by ボランティアスタッフ at 20:44ご支援のお礼

2017年07月06日

幸せの道へ…と、望み訴えた熱弁!

ご報告が遅くなりましたアセアセ
子猫達の譲渡が続々決まりましたメロメロ







子猫に続けと、子犬達も続々トライアルに旅立ちましたアップ





今週は、子犬たちのお届けラッシュで、
お届けスタッフが県内を飛び回っておりますクルマ

残念ながら、子犬全頭決まりませんでしたが、
これからまた、飼主さんとの出会いを繋げていきたいなと思います。



※以下、7/3Facebook記事より転載

新聞で「子犬たちが譲渡会デビュー」と告知したところ、
沢山のお問合せのお電話。
会場には数十組の子犬希望の来場者…

子犬達をドッグランに開放する前に、
副代表藤井が来場者皆さんにご説明。

「いのちのはうす保護家」がどのような施設なのか、
誰にでも子犬は譲渡は出来ない旨等を
ドックランの外で待って頂いてた
多くの来場者皆さんに伝えました。



藤井は、命を迎え入れる責任を持って頂きたいと、
涙を流しながら訴えました。

「一度は家族に迎えながら、
身勝手な理由で捨てられていく犬達を沢山みてきました。
こんな事もうウンザリですっ!」

・・・と。

その涙は、藤井の涙ではなく、



半身不随になって管理所に投げ捨てられてたサンバァ、


目が見えなくなって棄てられたジロ、



癌になって捨てられたコナン、


ネグレクトによって捨てられ、看取ってきた
エミちゃん、チャージ、

みんなみんなが経験した辛かったであろう
悔しかったであろう子達。


その子達の思いが、藤井の魂と繋がり、
涙となって出て来たのだろうと、ハッキリと感じました。

譲渡会スタート前に、一生懸命訴えた藤井の言葉は、
安易に子犬をもらおうという考えで来たご家族に

stopをかけました。

その様な方々は、そのまま真っ直ぐ帰られていきました。

これまでどのような犬の飼われ方をさせていたのか、
飼育環境やどこまで本気で向き合って下さるのか、
ご希望者全員とお話させて頂き、

無事、7匹が仮譲渡になりました。

成犬譲渡後報告は後ほど・・・









  

Posted by ボランティアスタッフ at 13:36ご報告

2017年07月02日

本日譲渡会開催

本日、愛護センターにて譲渡会開催します。



  

Posted by ボランティアスタッフ at 03:12イベント