2018年02月22日

バイトさん1名募集!


いのちのはうす保護家で
ボラバイトできる方を緊急募集します。


※ボラバイトとは?
ボランティアとアルバイトを合わせた造語。
アルバイトと有償ボランティアの中間に位置する活動。



~詳細~

時間 9:30~17:00

出勤日 週3日~4日

年齢 20歳~55歳

性別 不問

資格 自動車普通免許

日給 3500円程度

交通費 応相談

募集人数 1名




~仕事内容~

施設内清掃、犬猫の管理、動物病院運搬、
訪問者対応、





~いのちのはうす保護家は「5k」です~

1、汚い
犬猫の便や尿のお世話は日常的です。


2、キツイ
身体も頭もフル回転しながらの作業です。


3、キケン
一歩間違えればケガへと繋がります。


4、給与が安い

5、気疲れする
人間に対してではなく、
ちょっとのミスが大事故に繋がらないよう
常に犬猫に対しての気配りが必要です。




※研修期間は、能力次第ですが、通常7日程で
覚えられる作業だと思います。
研修期間中は、交通費のみの支給となります。




大泣き~保護家ボラバイトデメリット大泣き

正直「仕事」としては、とても割に合わない給与ですし、
「かわいい」「犬猫が好き」だけでは続けられない
大変な作業だと思います。
特に、施設の犬達は中型犬で、
ひとつの「群れ」としてドッグランでフリーにした状態の
保護方法なので、事故が起こらないよう管理も大変です。




老犬や重病の子を中心にレスキューしてるので、
何度も看取りを経験しなければいけない辛さもあります。



各部屋の消毒を徹底しておりますので、
清掃も大変です。



ニコニコ~いのちのはうす保護家ボラバイトメリット~ニコニコ

施設には、半身麻痺の犬猫達がいるので、
圧迫排尿がマスター出来ます。
その子によってやり方が違うので、
色んなパターンを覚えられます。


老犬ホスピスもあるので、介護の勉強も出来ます。


色んな病気の仔をレスキューしているので、
病気の知識と経験が自然と身に付きます。

心の病気を抱えている方や、
発達障害を抱えている方や、
学歴、職歴、ボランティア歴、
何も問いませんが、
とにかく、施設の犬猫に対して、
一生懸命動いて下さる方を探しています。
応募、お問合せは下記のアドレスまで。
↓ ↓ ↓
hogoya310@gmail.com

件名「ボラバイト」

お名前、
年齢、
ご住所(市町村のみ)、
お電話番号、
をご記入お願いします。
折り返し、面接日などのお電話をさせて頂きます。




  

Posted by ボランティアスタッフ at 18:58お知らせ

2018年02月14日

コッシーと過ごした22日間

2017年7月愛護センターよりレスキュー。

交通事故だと思われます。
足は骨折しており、
皮膚も張り裂けた状態で収容されていました。
まずは皮膚を再生する治療から始めました。

コッシーは、保護家に来てからみるみるうちに回復し
普通の子猫と同じように走り回れるようになりました。

人間が大好きで、猫とも犬とも仲良くできる
天真爛漫とゆう言葉があてはまるとても元気な子^_^




この子は譲渡がすぐ決まるだろうと安心していました。




そう思っていた矢先‥‥。



致死率99%と言われているF I Pを発症してしまいました‥。

その日から私は、わがままを言って
コッシーを毎日連れて帰らせてもらいました。
家庭猫を味わってほしいと。

人間のエゴなのかもしれませんが‥
一緒に寝たり、こたつに入ったり、日向ぼっこをしたり。




保護家から譲渡した、半身不随の2匹は
コッシーの側からずっと離れませんでした(^^)




でも‥‥
コッシーは日に日に弱り水を飲むことさえ辛そうでした。
強制給餌を始めました。

それも嫌がるので、カテーテルを鼻から通しました。




1%を信じてみたかった!
ただ、それだけでした。

でも、コッシーは管も、管を止めるテーピングも凄く辛そうでした。

胃の動きが良くなったのか、少しだけ食べてくれたけど
腹水も溜まっていくばかりでよくなることはありませんでした。






管をぬこうと決めました。

最後の頼みの綱だったカテーテルだったから、
「これを切ったら死んでしまう」

自分の手で殺してしまう気がして、
一人で泣きながら管をはずしました‥

私が泣いていたのは、由美さんは分かっていました。
その日くれた由美さんの言葉。



「あちゃみが、管を切ろうと決めたのなら、
それが正しい答えやと思うよ。
ただ、泣くほど辛い決断を実行に移す時には、
その辛さを私と共有するのだよ。
一人で抱え込まないで。」


今、闘病生活を共に過ごしている方に伝えたいです。
絶対に一人で抱え込まないでほしい。

由美さんの言うように、正解はないと思います。

ただ、致命的な子に対してどこで治療の線引きをするのか‥
その子と本気で向き合うことの大切さを知りました。





2月5日。コッシーは私の家で亡くなりました。





最後に庭で一緒に日向ぼっこができました。
最期をずっと側にいて看取ることができました。





闘病生活の22日間、
コッシーはいろんなことを私に教えてくれました。
こんなに小さな身体で最期まで‥

今、まだ私が保護家にいれることもコッシーのお陰です。

「こんな思いを何度も乗り越えられない。
私は保護家にはいれない。」

そう考えてしまっていたから。
それは間違ってました。ただの逃げでした。






コッシーは、亡くなってから私の子に正式に譲渡してもらいました(^^)


コッシー本当に、ありがとう!
頑張ったね!

コッシーには感謝の気持ちしかありません。
もう一度逢えたら「ありがとう」っていっぱい言わせてね!!



コッシーが生きた証をここで残させてもらいます。




スタッフ 鳥越




※代表山下由美目線の二人
https://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201802140000/

  

Posted by ボランティアスタッフ at 18:31保護猫動物愛護

2018年02月10日

1月の支援物資のご報告とお礼

1月もたくさんのご支援ありがとうございました。



F・M様





大阪府 S・T様




都城市 T・T様











都農町 H・T様




福岡県 M・Y様




神戸市 I・K様





Y・S様





H様




K・Y様





宮崎市 K様




鹿児島市 O・N様




都農町 K様




宮崎市 I様




藤岡市 N・M様




S・A様




宮崎市 S・H様





横浜市 T・A様





静岡県 K・Y様




鹿児島市 I・Y様




福岡市 M・T様




北九州市 N・Y様




東京都 I・U様







宮崎市 F・C様




宮崎市 H様




都農中学校 S先生




Amazonにご注文(送り主様不明)




Amazonにご注文(送り主様不明)




アヴェルにご注文(送り主様不明)




Amazonにご注文(送り主様不明)




千葉市 K・H様




長崎県 F・M様




Amazonにご注文(送り主様不明)




都農町 K・Y様





Amazonにご注文(送り主様不明)




宮崎市 M様




都城市 T・M様




美容室Loop N様




東京都 O・Y様





スイス J・K様




千葉市 K・Y様




Amazonにご注文(送り主様不明)




ペットスタジオにご注文(送り主様不明)




愛媛県 Y・M様




宮崎市 N・K様




神戸市 M・A様




カリン&コロンママ様




佐賀県 A・S様




鹿児島市 H・M様




Amazonにご注文(送り主様不明)




A・E様




大阪府 Y・Y様




西都市 H・M様





NPO法人 森の学校 夢飛港 I・H様




西都市 H様




小田原市 K・Y様




都農町 A・T様




岸和田市 A・S様




千葉県 Y・A様




宮崎市 N・M様




西都市 I・T様




宮崎市 K様




宮崎市 H様




延岡市 N様




ペッツビレッジクロスにご注文(送り主様不明)



宮崎市 Y様




Amazonにご注文(送り主様不明)




清武町 N・Y様




川南町 Kご夫妻様




札幌市 Y・M様




東京都 M・A様




大阪府 K・K様




「動物の森」堺インター店 様




F様&K様




M様




東京都 M・M様




都濃中学校サンフラワーの皆さん




アヴェルにご注文(送り主様不明)




アヴェルにご注文(送り主様不明)




爽快ペットストアにご注文(送り主様不明)




Amazonにご注文(送り主様不明)




1月もたくさんのご支援
本当にありがとうございました。





※ご報告漏れや送り主様が不明となっている場合は
お手数をおかけしますがメールにてご連絡くださいませ。
また、支援物資をお送りいただく際に
「送り主情報」が記載されないように設定されている方は、
お送りいただいた際にメールにてご連絡をいただくか、
納品書等の備考欄にお名前を入れていただけると
大変助かります。
どうぞ、宜しくお願い致します。
mail:hogoya310@gmail.com(担当:カワベ)


  

Posted by ボランティアスタッフ at 18:29ご支援のお礼

2018年02月03日

2月3日の記事

今日は節分です^ ^
保護家の元気組のみんなと 豆まきを楽しみました❗️

いつもはリーダーとして群れを守っている、由美さんの相棒 カムちゃん…
今日はお仕事を離れて一番張り切ってました
『ちょうだい‼️おやつ ちょうだいて〜』
文句の嵐 笑笑

楽しいひと時でした(╹◡╹)







  

Posted by ボランティアスタッフ at 20:54