2014年12月31日

今年も一年ありがとうございました。

いよいよ、2014年も
残り30分となりました。


今年一年を振り返ると、
毎年のことながら、
たくさんの出会いと別れがありました。




新しい家族の元へと卒業していった犬猫たち。





どの瞬間も、
祝福の気持ちと同時に
別れの寂しさがないと言ったら
嘘になる瞬間でした。


でも、卒業していく犬猫たちを見送る時
いつも思うことは…


『たとえ二度と会えないとしても、
温かい家族の元で幸せにずっとずっと暮らしてほしい。』


私たちが願うことはそれだけです。



縁あって、いろんな事情を抱え
いのちのはうす保護家で出会った大切なみんな。








そんなみんなに、
優しい家族が出来る事ほど
嬉しい事はありません。



2014年、私たちや
保護家の犬猫たちを支えてくださったのは
他でもない、全国の皆様でした。

皆さまのお力なしには
乗り越えられないことばかりでした。

いつもいつも、
本当にありがとうございます。

暖かいご支援や応援の言葉を
本当にありがとうございます。


まだまだ未熟者で
至らないことの多い私たちですが
2015年も"いのちのはうす保護家"を
どうぞよろしくお願いいたします。



最後になりましたが、今年
私達の大切な友人、家族として
虹の橋へと旅立っていった


ななお



王子



りりこ



レオン







ロール



虹の橋を渡りましたが
決して忘れることはありません。


この仔たちに教えてもらった
沢山の愛と感謝の気持を忘れることなく
これからも前進していきたいと思います。


今年一年、
本当にありがとうございました。


皆さまの新しい年も
どうか、良い一年になりますように。




記事投稿:Kawabe*
  

Posted by ボランティアスタッフ at 23:38日々の思い

2014年12月29日

ぶぶ、保護家とゆきみちゃんを卒業


コロコロしててドラえもんの様な子がいるな…

ただの迷子だったんじゃないか…?

お迎えがあるのを、職員さん達も信じ、

保護期限を半月も延長して下さった。

でも…

飼い主さんが現れる事はなく、

最後の「判定日」を迎えてしまった。

檻越しに「ぶぶ」と名付けていた。

ぶぶを、どうしても…どうしても、抱きしめたかった。









ぶぶ!生きててくれてありがとう!


「人間は怖くないよ。みてごらん!

おじちゃんこんなに人間が好きなんだよ」


ぶぶは、人慣れしていない子犬達の心のリハビリに、

一緒に参加してくれた。



ドラえもんというよりも…

バカボンのパパにそっくりなおやじキャラの「ぶぶ」

保護家でも、譲渡会でも、とにかく人気者だった。


なので、お声もかかる事が多かったぶぶですが、

なかなかご縁と結びつく事はなかった。



「この仔は、自分の寝床は絶対汚さないんですよ。

 一度も粗相したことないんですよ」


ぶぶ希望の方に、ぶぶの長所として説明したものの、

ぶぶの表情を見て、

ぶぶが求めていないご家族だと判断し、

結果、その日はぶぶの譲渡はお断りしたのですが…

その翌朝、ぶぶは寝床に粗相していた。


保護家に来て初めての粗相だった。

「ワシはな、寝床でもしっことうんこしちゃうんだよね~。

 だから、あの家には行けないね~・・・そうじゃろ?」


まるでそう言ってるかのようで、笑ってしまった。

ぶぶなりの抵抗だったのでしょう…。


ぶぶの側には・・

いいえ、正確言うと、

スタッフゆきみちゃんの側には・・・

いつもぶぶが居た。


ゆきみちゃんは、

いつも「母」のような優しい目で、ぶぶを見ていた。

そしてぶぶも、ゆきみちゃんの腕の中に居るときは、

「ワシ…ワシ…まだパブちゃんなんよ~」と、

まるで子供のような表情で甘えていた。


ある朝、ゆきみちゃんは大きな決心をしていた。

「今日の譲渡会でもご縁がなかったら…私が家族になる!」

「ゆきみ、ワシは大丈夫!長居してごめん!

もうそろそろ卒業せんとな~…」


ゆきみちゃんを苦しめてごめん…

ぶぶからそんな風に感じた。


ぶぶに、新しい家族が出来た。

三世帯の賑やかな家庭の仔になったんです。



ゆきみちゃんと最後の写真・・・


ぶぶ自らが望んで卒業したとはいえ・・・

本当はゆきみちゃんとのお別れが淋しそうだった。

その二人の姿を見る事が出来ず、

私は、二人を見送りに出る事ができなかった…



2人の絆があまりに深かったから…



ぶぶ、ゆきみちゃん、ありがとう!


ぶぶ、凄く幸せになってゆきみちゃんを安心させんといかんね!




  

Posted by ボランティアスタッフ at 17:12保護犬

2014年12月26日

今年最後の譲渡会案内♪

皆さまこんにちは☆
ボラスタッフのカワベですヾ(ω` )/


本当に12月ってあっという間に
過ぎていきますね~

だって、気付けばもう来週はお正月!

日曜日からお正月休みに入るカワベは
保護家の犬猫たちとたくさん過ごせるお休みに
ワクワク胸を躍らせています♪



さて!今週の日曜日は
今年最後の施設内譲渡会を開催します☆


年越しを前に
素敵な出会いがあることを祈っています((・´∀`・))♪


みなさま、ぜひ遊びに来て下さいね♡



日時:12月28日(日)
時間:12時~16時


場所:いのちのはうす保護家
〒880-1222 宮崎県大字国富町八代北俣2581
地図:(google map)
http://goo.gl/maps/jHmLp
TEL:090-4484-5165(担当:藤井)
時間帯によっては電話に出られない場合があります





★今日のおまけ★

やんちゃな仔犬たちに踏みつけられた挙句
暖房代わりにされている優しいマルオ。





保護家の守護神カムカム
・・・と、その仲間たち

みたいになってる一枚(笑)






≪いのちのはうす保護家≫
〒880-1222 宮崎県大字国富町八代北俣2581

宮崎市からお越しの場合、
26号線を国富町方面直進

ファッションランドタカヤマさん信号を右折。

木脇中学校前信号左折(355号線)

セブンイレブン三名店さん信号直進後、
止まれ標識を右折(355号線)

車で10分程直進し、右手ビニールハウス(当会の案内表示有)を右折

最初の十字路を右折

左手に当会の「旗」目印。



~保護家からのお願い~

いのちのはうす保護家では、事故防止のため小学生までのお子様のドッグランへの入場をご遠慮いただいております。

施設内廊下からの見学は可能です。

里親希望の方は大人の方が犬たちに触れ合っていただき、里親希望の犬がいる場合、ランの外にてお子様と対面という形をとらせていただく事になっております。

ご理解のほど、
宜しくお願い致しますm(__)m



※施設訪問可能日以外の平日・休日は、基本的に作業ボランティア以外の方のご訪問は、お断りさせていただいております。
また、施設開放日のご訪問は夕方の作業がありますので16時には閉扉させて頂きます。
どうぞ、ご了承くださいませ。


訪問可能日以外での里親希望の方、ボランティア希望の方は、会のアドレスまでお問い合わせください。
mail:hogoya777@yahoo.co.jp(担当:カワベ)


***************************
老犬や病気の犬たちが穏やかに、
最期の時間を過ごせる空間を維持していくために
どうぞ、皆様の温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

「ホスピス支援金」

※詳細記事はこちら⇒「尊厳死」
***************************


記事投稿:Kawabe*




  

Posted by ボランティアスタッフ at 13:00お知らせ

2014年12月25日

11月の支援物資のご報告とお礼

ご報告が遅くなり大変申し訳ございません。
11月も沢山のご支援ありがとうございました。


東京都
I.U様









毎月沢山のご支援をありがとうございます。
爪とぎもたくさんある猫部屋においてあげると
早速みんな爪とぎを楽しんでいました♪
いつも本当にありがとうございますm(__)m



イベントにお越しのS様


ウエットフードと成犬用フードをありがとうございます。
ウエットフードは毎晩のご飯に混ぜてあげると
美味しそうないい香りがして皆大喜びです♪
ありがとうございますm(__)m



大阪府Y.M様


毛布やフードやオムツなど
どれもこれも有難いものばかりです。
宮崎も寒い日が続いていますので
猫の大部屋に、毛布を敷いてあげると
皆ぬくぬくと暖かそうにしていました。
ありがとうございますm(__)m



都城
H様

子犬用のフードをありがとうございます。
只今、育ち盛りの沢山の仔犬がいますので
本当に助かりました。
ありがとうございますm(__)m



大阪府
Y.T様

沢山の猫用ウエットフードを
ありがとうございます。
カリカリのフードに混ぜてあげると
とっても喜んで声を出しながら食べている仔もいます♪
ありがとうございますm(__)m



東京都
O.M様


沢山のタオル類やペットシーツを
ありがとうございます。
毎日の掃除や老犬介助にタオルを使用しますので
とても助かりました。
ありがとうございますm(__)m


国分寺
M.N様

バスタオルやゴミ袋をありがとうございます。
シャンプー後のタオルドライの際に使用する際に
大きいタオルがあるととても助かりました。
ありがとうございますm(__)m



福岡県
H.M様

タオル類やビニール袋をありがとうございます。
小さくキレイにたたんである沢山の袋に感動いたしました☆
掃除の際に使用するのでエコでとてもありがたいですm(__)m



東京都
S.Y様

毛布やタオル類、ウエットフードをありがとうございます。
毛布類が不足しておりましたので大変助かりました。
ありがとうございますm(__)m



H.M様

沢山のウエットフードをありがとうございます。
毎晩のカリカリに混ぜてあげると喜んで食べてくれます。
ありがとうございますm(__)m



福岡県
I.R様


沢山の高級ミルク、高級フードをありがとうございます。
多頭飼育のため毎日の消費量も多いので
ストックがあるととても安心です。
ありがとうございますm(__)m



I様

暖房器具や毛布類をありがとうございます。
南国宮崎も本格的に寒くなってまいりましたので
このようなあったかアイテムが大活躍です♪
ありがとうございますm(__)m



保護家にお越しの方

座布団やクッションをありがとうございます。
老犬たちの床ずれ防止や介助の際に使用させて頂いております。
ありがとうございますm(__)m



K様

老犬たちの寝床の下に敷いて使わせて頂いています。
生地がしっかりしているので
毎日洗っても長持ちです♪
ありがとうございますm(__)m



W様

タオル類と猫砂をありがとうございます。
シリカを使いたがる猫もいますので
ストックがあると安心です♪
ありがとうございますm(__)m



Y.T様

フード類や猫砂をありがとうございます。
このメーカーのウエットフードは
お腹が緩くなることもなく皆、喜んで
食べてくれます♪
ありがとうございますm(__)m



大阪府
I.Y様

猫用ウエットフードをありがとうございます。
毎晩のご飯に混ぜてあげると豪華ディナーに
早変わりです☆
ありがとうございますm(__)m



千葉県
K.Y様

沢山のタオル類に加え
人間用のおやつまでありがとうございます。
休憩時間にボランティアさん達と
美味しくいただきました。
ありがとうございますm(__)m



福島県
H.M様

沢山のティッシュをありがとうございます。
毎日使うものなので助かります。
ありがとうございますm(__)m



長野県
K.H様


タオル類や毛布類、
可愛いオブジェをありがとうございます。
部屋の中が一気にクリスマスモードに
パッと明るくなりました♪
ありがとうございますm(__)m



都城
T.K様

沢山の敷物やタオル類をありがとうございます。
犬の寝床や、ホットカーペットの上に敷いて使わせて頂いています。
ありがとうございますm(__)m



門川町
K.K様

たくさんの犬用オムツをありがとうございます。
老犬介助の際の必需品なので
もしものときに本当に助かります。
ありがとうございますm(__)m



A.E様

沢山のペットシーツをありがとうございます。
在庫がなくなりかけていたのでとても助かりました。
ありがとうございますm(__)m



熊本県
O.M様

高級フードや犬用オムツにゴム手袋を
ありがとうございます。
どれもこれも毎日の必需品ばかりです。
ありがとうございますm(__)m



S.N様

高級大袋フードにバイオチャレンジを
ありがとうございます。
お掃除の際の消毒・感染予防に
毎日使用するバイオチャレンジですので
とても助かります。
ありがとうございますm(__)m



(10月分)
Amazonから
お名前不明

栄養価の高いヤギミルクをありがとうございます。
栄養を吸収しにくい犬のフードに混ぜてあげると
とても体調がいいようです。
ありがとうございますm(__)m



大阪府
S.Y様

バスタオルをありがとうございます。
犬のシャンプーあとの体拭きに使っています。
ありがとうございますm(__)m



11月も全国の皆様の温かいお気持ちに支えられ
保護家の犬猫たちにひもじい思いをさせることなく
元気に乗り越えることが出来ました。

言葉では言い尽くせないほどの感謝の気持でいっぱいです。
いつも、本当に本当にありがとうございます。



  

Posted by ボランティアスタッフ at 23:43ご支援のお礼

2014年12月22日

ロール永眠

2年半前、「ロール」という子猫を保健所からレスキューした。


お母さん猫は、人間に怯えながら身籠り守ってきたのか、

ロールは、生後一ヶ月半なのに、人間が好きではありませんでしたが、

スタッフやボランティアさんの愛情を受けながら、

ロールは徐々に甘えん坊さんに変わっていった。


ロールは、生後5ヶ月位で成長が止まってしまい、

子猫に間違われるくらい、小さな小さな体の成猫でした。

ロールは長く生きれないような気がする…

それは、どこかで恐れていた事でもありましたが、

自由気ままに自分の主張もハッキリ言えるロールに、

そんな事もすっかり忘れてしまっていた。


いつかきっと、良縁に恵まれて保護家を卒業していく子…

当たり前のように、そんな日が来るのを望み、待っていた。



ロールは、猫らしい猫でした。

掃除の時は、子猫達と混じってスリスリゴロゴロと甘えきて

なかなか作業が進まない。

「なんね~甘えたいとね~」

あまりに可愛くて抱っこすると、

「抱っこはダメ!」と、スルッと腕からすり抜ける。

ツンデレラなロールと、毎日そんな感じで一日が始まっていた。


「ロールの良さって伝わるかな~」

「何回も会うと分かってもらえるんだけどね~」

合言葉のように、スタッフ達と話す事も多かった。



ある日、キャットタワーから落ちたのか、目の上を切っていた。

そのときすでに、ロールはバランス感覚が弱くなっていたんです…

12/12、ロールは、自分の足で立つこともできなくなった。

色んな検査をしても、原因は分からない…との事でした。

「ロールは長く生きれない仔だろうな」

二年前に頭に過っていたはずの心配事を、

今、ロールがこうなってから思い出す事となった。



ロールが倒れる一ヶ月前から、

病院やボランティアさんに多々聞かれたことがあった

「え?この仔がロール?・・・なんか顔が変わってない?」

別猫のように、顔が優しくなった・・・穏やかになった・・・と。

その時は、毎日見ているロールの変化に、気付けてなくて、

あまり気にはしていなかった。

でも…もうその時から、ロールの運命は決まっていたのでしょうか…。

ロール自身も、自分の中で何かが起きている事に気付いていたのでしょうか…。



~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

12/13、1時46分 facebook記事より抜粋

保護家の3期生、ロールが倒れました。
あちこち検査を受けましたが、原因は分かりません。
正確には、まだ、分かりません。

怒りんぼで、目薬と車と抱っこが嫌いなロール。
自分のペースで甘えてくる
一方的な甘えん坊さん。

立つことも、歩くことも、
何もかも出来なくなった。

膀胱絞ったらやめてよ〜と泣いた。
オムツの方が良いみたい。
まだまだ自己主張はしてくれるね。
良かった・・。
でないと、ロールらしくないからね。

ロール、知ってるやろ?
王子もマルオも殿も、
何度も立ち上がり、復活したよ。
だから、ロール・・・
明日は起き上がるよね?
あんたも元気になるよね?
まだ本当の家族と出会えてないじゃろ‼︎





~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

朝4時位、私もロールと頭を並べて仮眠を取った。

目が覚めて、「ロールごめんね」体に触れると…

ロールは・・・

もう動く事はなかった。

頭元の私に内緒で逝くように、

静かに・・静かに独りで逝った。

独りで逝ってしまった。

独りで逝かせてしまった。

最後の最期まで、ロールらしいな。


でも、最後の最期は、みんなで見送らせてもらうよ!

これだけは、ロールには譲れないよ!


ロール、二年半しか生きれなかったけど、

家族を見つける事も出来なかったけど、

スタッフやボランティアさんに沢山愛情もらってきたよね?

幸せだった…ロールは幸せな仔だった…

そう思わせてください・・・


ロール、ごめんね。

ロール、ありがとう。








  

Posted by ボランティアスタッフ at 03:01保護猫

2014年12月17日

クッキーの8ヶ月

3/3 木城町にて人慣れしていない兄弟犬が捕獲された。

顔を見て、人に飼われたことがない子たちだと感じた。


生後まだ三ヶ月位だったのでしょうか…

その目から、子犬らしさは失われていた。


いいえ・・・

私達人間が、子犬らしさを奪った。



最初に人間の手を感じて欲しい…手への恐怖心を持たせたくないと、

スタッフは皮手袋を置いてレスキューに向った。

レスキューから戻ってきたスタッフの手は、

咬み傷で血だらけだった…。

検疫期間は、一週間。

その一週間の間に、せめて咬む行為をなくさなきゃいけない…

プレッシャーの一週間でしたが、

人間への恐怖心は僅か3日で和らいでいました。


管理所の職員さん、手を血に染めながらも頑張ってくれたスタッフ、

このお二人の力によって、直ぐに人間を受け入れてくれました。

命名「クッキー」

群れにもスッと溶け込み、


兄ちゃん姉ちゃんから色んなルールを学んだ。




でも、人間に対しては人見知りがあり、

なかなかクッキーの良さに気付いてもらう事が出来なかった。



クッキーが一歳を迎える前に、

飼い主さんとの赤い糸を手繰り寄せたい…

新聞で呼びかけたり、スタッフ一同一生懸命動きましたが、

知らない人が来ると、怖がって「来ないで!」と怒ったり、

逃げ回ったり…



次第にスタッフの愛ちゃんは、クッキーに強く気持ちが入るようになった。

「クッキー、絶対幸せになれるように頑張るね」



愛ちゃんの側には、いつもクッキーが寄り添っていた。


クッキーも、愛ちゃんが特別な感情を抱いていた事を、
ちゃんと知っていた。

決してえこひいきではない。
決してお気に入りではない。
綺麗な言葉でしか表現できませんが、
魂が強く繋がりあう仔は、必ずいるんです。

それでも・・・
それでも、飼えない事情はあります。
「いのち」だから、簡単な気持ちで
その仔の一生を抱えられない…この「飼わない勇気」も、
私は素晴らしいと思う。

愛ちゃんはこの8ヶ月間、
クッキーの譲渡がなかなか決まらなかった事で、
何度も泣いた。
何度も大粒の涙を流した。

「それでも私は…クッキーを連れて帰る事ができない…」と。



そんなとき、「施設見学会」にて、
クッキーの事を気にかけて下さった方がいました。

「最初は逃げ回ってたけど、帰る時に寄ってきてくれたんです
 ずっとクッキーの事が気になっていました」


再度クッキーに会いに来て下さったんです。


ちょっとドキドキしてるクッキーですが、
とても優しいお父さんとお母さん…
今頃は沢山甘えていると思いますスマイル
理想の家族でした…素晴らしいご夫婦でした…
クッキー、やっと、やっと、本当の幸せを掴んだね!
今までよく頑張ったね!


保護家卒業おめでとー!!



作家の木村道子さんから、愛ちゃんにクッキーの絵をプレゼントして戴きました。


道子さん優しさ、クッキーの最後の置き土産に、
愛ちゃん、ワンワン泣いてましたワーイ

その優しさあふれる道子さんのショップで、
一目惚れして購入した物です♪





遅ればせながら…

日向市は素晴らしい出会いが沢山ありました。

また日向市にてイベントも計画中ですので、

県北の皆様、どうかよろしくお願い致します。



イベント主催者もんたさん、保護家県北担当石塚ちゃん、
しつけ教室で参加下さった中央保健所の上野さん、


今後ともよろしくお願い致します。



※次回、また成犬譲渡のご報告をいたします。

  

Posted by ボランティアスタッフ at 15:55保護犬

2014年12月17日

10月~譲渡ご報告

譲渡ご報告が怠ったままで申し訳ございませんでした。

10/25 みやざき臨海公園「動物フェスタ」
11/2 日向市イオン譲渡会
11/3 フローランテ宮崎「みやざき健康ふくしまつり」
11/9 咲桃虎主催犬の運動会&譲渡会
11/30 日向ワンニャンキッズフェスティバル

多くのイベントに参加させて頂きました。

写真が手元にない仔もいますが・・・ガーン

骨折を乗り越えた「クロミ」



目が見えなくても元気に走り回ってた「元気」



事故で左手を失ってた「ミーニャ」



ハンデがあるから可哀想…ではなく、
この子達の全てを受け入れて下さり、
この子達の全てを愛おしいと感じて下さった方への
理想的な譲渡が出来て、スタッフ一同安心して託す事が出来ました。
良いご縁に、心から感謝ですメロメロ





乳飲み子のときにレスキューした子達、
離乳と同時にレスキューした子達、










この子達も、良縁に恵まれました。

「ワクチン?それなに?しなきゃいかんと?」
「去勢手術?オスやからせんでいいわ~」

いくらお話してもご理解頂けない方には、絶対に譲渡はできない…

毎回、譲渡会では、先方さんに不快な思いさせないように、
同じ目線に立って、上からではなく、なぜそれが必要なのか、
ご理解頂けるまでご説明させて頂きます。

それでもご理解頂けないようであれば、
その場だけ理解しているふりをしていると感じれば、
お断わりさせて頂いているのですが、
「日向市」は、猫の殺処分率も高い事から、気合を入れてました。
(私も日向市出身です)

が、譲渡を希望された皆さんが、ワクチンも手術も、
当たり前の事だと受け止めていた事に驚きました。
知識もちゃんとお持ちでした。

偏見の様な形で、気合入れて挑んでしまった自分が
少し恥ずかしくなりました。
日向市の皆さん、ごめんなさい泣き








またまた日向市のワンニャンキッズフェスティバルにて・・・

子犬の譲渡は、私達も強いアンテナを張ります。
見ていると、子供達が「可愛い~欲しい~」とおねだりする姿もありましたが、
お母さんがちゃんと「いのちだから簡単に飼えない」と説明する姿もありました。

譲渡希望の方には、「早い者順」ではないという事と、
その仔に一番合った環境の方に、譲渡したいという事をお話し、
飼育環境等のアンケートを希望者皆さんに書いて頂きました。

そして・・・
それぞれの子犬達のお家が決まりました。







この仔は、アカラス治療中でしたが、
新しいお母さんが治療を続けて下さってますニコニコ


そして・・・
譲渡が長期戦となる成犬も・・・
4頭、譲渡が決まりました。

だれが幸せを掴んだか…後程ご報告いたします。

  

Posted by ボランティアスタッフ at 13:18ご報告

2014年12月15日

ありがとうございましたm(__)m

先日お願いしていた
乳のみ仔犬たちの預りさん募集の件ですが、
無事に全頭、預りさんが見つかりましたことを
ご報告いたします。

皆さま、ご協力いただきまして
ありがとうございましたm(__)m





~支援物資のお願い~

ただ今、不足しているものです。
ご支援いただけると大変助かります。

子犬用のミルク(ロイヤルカナンワンラック)
ヤギミルク(成犬・老犬の免疫力を上げるために使用しています)
ウエットティッシュ(ノンアルコール)
使い捨て手袋(S、M、L)
ペットシーツ(レギュラー、スーパーワイド)
猫用のシステムトイレの猫砂ニャンとも清潔トイレ
ボロボロにならないタイプが使いやすく衛生的なので、助かります。
毛布、フリース

いつもお願いばかりで本当に申し訳ございません。
どうか宜しくお願い致しますm(__)m

  

Posted by ボランティアスタッフ at 11:33ご報告

2014年12月12日

※緊急のお願い※乳のみ仔犬預り募集!!

生後5日程の乳のみ仔犬を7匹
緊急レスキューしました。




母犬は野良のようで
仔犬だけが保護されたとのことでした。



まだ目も空いていません。


宮崎県内にお住まいの方で
離乳食が始まるまでの1カ月間ほど
預りをしていただける方を探しています!


目が開くまでの約1、2週間までは、
3時間おきの授乳が必要です。

目が開いてからは授乳の間隔も長くなっていきます。


乳のみ仔犬の預りが初めてという方にも
ミルクの飲ませ方やオシッコや便の出し方等
詳しくご説明いたします。

ミルクやケージ等、仔犬に必要な物は
全てこちらで用意いたします。


ただ今、7匹のうち3匹を
S様が預かってくださっています。


7匹のうちの1匹でも構いません。





生まれて間もない
この小さな兄弟の命を繋ぐため
どうかお力を貸していただけないでしょうか…

仔犬の預りをしていただける方、
ご質問等ございましたら
下記までお問い合わせいただけると幸いです。

TEL:090-4484-5165(担当:藤井)
※時間帯によっては電話に出られない場合があります。

mail:hogoya777@yahoo.co.jp(担当:カワベ)

何卒、宜しくお願い致しますm(__)m

  

Posted by ボランティアスタッフ at 11:43お知らせ

2014年12月02日

12月☆施設開放のご案内

皆さまこんにちは☆
ボラスタッフのカワベです(♡˙︶˙♡)



早いものでもう12月!

年々、365日という時間が
短く感じるようになってきたのは
歳のせいでしょうか?(笑)

あっという間のこの一年でしたが
思い返してみると素敵な思い出いっぱいの
キラキラした一年でした♪


さて、今年も残り1か月を切りましたが
12月も毎週日曜日は、気合を入れて
施設を開放したいと思います!(^^ゞ


1頭1匹でも多く
新しい家族の元で年を越せますように…


私たちの願いはそれだけです。



・・それと、

今年の居残り組も
みんな一緒に元気に年を越せますように!

2個目の願いだけど、
それだけです!(^^)



新しい家族を迎える予定の方は
ぜひ会いに来てください♪



★12月の施設開放日★

日時:12月7日(日)
時間:14時~16時

日時:12月14日(日)
時間:14時~16時

日時:12月21日(日)
時間:14時~16時


日時:12月28日(日)
時間:12時~16時
(毎月恒例の施設内譲渡会日)



現在、いのちのはうす保護家で
保護している犬猫は・・・

仔猫6匹
成猫28匹
仔犬4頭
成犬27頭


ぜひ会いに来てくださいね~♪



場所:いのちのはうす保護家
〒880-1222 宮崎県大字国富町八代北俣2581
地図:(google map)
http://goo.gl/maps/jHmLp
TEL:090-4484-5165(担当・藤井)※時間帯によっては電話に出られない場合があります



~ご支援のお願い~

老犬用に冬用の暖かい服をお願い致します。
おさがりでも構いません。
小型犬~大型犬用でフリースなどの暖かい生地の服がありましたらご支援いただけると助かります。


使わなくなった毛布があれば送って頂けると助かります。
毛布は毎晩、犬小屋の中に敷いてあげています。
8等分に切って端を縫って送って頂けると、取り扱いが楽で、丈夫で長持ちするので大変助かります。
厚かましいお願いで申し訳ございませんがお手数でなければどうぞ宜しくお願い致します。
※切っていない毛布も、老犬や仔犬、猫部屋の寝床等に敷いて使うので助かります。


システムトイレ用の猫砂とシートの在庫が残りわずかとなってしまいました。
以前より、シリカやベントナイトの猫砂を使ってまいりましたが、色々と検討を重ねた結果、システムトイレへ変更することになりました。
どうぞ、ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

猫砂→ニャンとも清潔トイレ
ボロボロにならないタイプが使いやすく衛生的なので、助かります。

トイレシート(システムトイレ用のものでなくても、シングルサイズの吸収力の高いタイプで代用可能です)→レギュラーシート

いつもお願いばかりで申し訳ございませんが、
どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m




★今日のおまけ★

半身不随の猫たち♪
みんな仲良しです♡



老犬コンビはぽかぽかお昼寝☆




ご飯を食べた後の水を全部
パグ蔵に飲み干されて困っているチェロ。


優しいチェロは文句ひとつ言う事無く
終始困り顔でした(笑)



≪いのちのはうす保護家≫
〒880-1222 宮崎県大字国富町八代北俣2581

宮崎市からお越しの場合、
26号線を国富町方面直進

ファッションランドタカヤマさん信号を右折。

木脇中学校前信号左折(355号線)

セブンイレブン三名店さん信号直進後、
止まれ標識を右折(355号線)

車で10分程直進し、右手ビニールハウス(当会の案内表示有)を右折

最初の十字路を右折

左手に当会の「旗」目印。



~保護家からのお願い~

いのちのはうす保護家では、事故防止のため小学生までのお子様のドッグランへの入場をご遠慮いただいております。

施設内廊下からの見学は可能です。

里親希望の方は大人の方が犬たちに触れ合っていただき、里親希望の犬がいる場合、ランの外にてお子様と対面という形をとらせていただく事になっております。

ご理解のほど、
宜しくお願い致しますm(__)m



※施設訪問可能日以外の平日・休日は、基本的に作業ボランティア以外の方のご訪問は、お断りさせていただいております。
また、施設開放日のご訪問は夕方の作業がありますので16時には閉扉させて頂きます。
どうぞ、ご了承くださいませ。


訪問可能日以外での里親希望の方、ボランティア希望の方は、会のアドレスまでお問い合わせください。
mail:hogoya777@yahoo.co.jp


***************************
老犬や病気の犬たちが穏やかに、
最期の時間を過ごせる空間を維持していくために
どうぞ、皆様の温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

「ホスピス支援金」

※詳細記事はこちら⇒「尊厳死」
***************************


記事投稿:Kawabe*
  

Posted by ボランティアスタッフ at 23:18お知らせ