2012年04月30日

3月支援物資のお礼

ご報告が遅れがちで申し訳ございません。

3月に頂いた支援物資のご報告とお礼です。

宮崎県のMT様より…
沢山の支援物資を頂きました。
「いつも凄くお金を使わせてしまってごめんなさい」と言うと、
「いいえ、自分が後悔無いように動きたいだけよ。
 この子達のために、一生懸命働くから大丈夫よ」
と、いつも言って下さるМさん…いつもありがとうございます。




FM様より、大きな大きな袋のヒルズを二つも頂きました。
いつも沢山の支援物資を本当にありがとうございます。
今月も沢山の物資が届き、感謝の気持ちでいっぱいです。
FM様、いつも保護家の子達のために本当にありがとうございます。




宮城県のIH様より、タオルやフリースを沢山頂きました。
同じ活動されているIH様…
震災で沢山の犬猫を抱え大変な時に、保護家の子達にも
目を向けて下さり、本当にありがとうございます。
「これからも一緒に頑張りましょう!」というお手紙は、
心に響きました…本当にありがとうございます。




岡山県のOA様より、新品のレンジを頂きました。
人間用の呼びかけで、本当に申し訳ございませんでした。
おかげで、24時間常駐スタッフも、温かい食事が摂れるようになりました。
いつもスタッフの事も気にかけて下さり、本当にありがとうございます。




東京都のHM様より…
毛布、おやつ、ごみ袋、私たちスタッフにまで差し入れを頂きました。
いつも優しいお気持ちをありがとうございます。
譲渡会の時に持って行って、スタッフみんなでご馳走になります。
HM様、本当にありがとうございます。




大阪府のAM様より…
フリマ商品、タオル、玩具、おやつ等沢山頂きました。
いつもいつも、保護家の子達のためにありがとうございます。
玩具で遊んでいる子達をみていると…私たちスタッフも癒されます♪
AM様、本当にありがとうございます。




宮崎のNT様より、沢山のタオルを頂きました。
犬達をランに出していると、コンクリート部分に糞尿してても
洗い流せないので、タオルやシートで掃除していますので、
タオル類もとても重宝しています。
NT様、いつも助けて下さりありがとうございます。




宮崎県のNM様より…
フリースやおやつやお洋服やベットを頂きました。
可愛いベットは、猫部屋の子達に使わせて頂いてます。
NM様、本当にありがとうございます。
心優しいお手紙も、本当にありがとうございました。
NM様、どうかお身体をご自愛ください…




宮崎県のUN様より、フリースとフードを頂きました。
私の幼なじみで、久しぶりの再会にビックリでした。
「ゆみさんの活動知らなかった…管理所には行ったけど、
 結局犬を買ってしまった…ごめんね」
申し訳なさそうに言ってたけど、そんなことないよ!!
ご縁があって家族になった仔だから、大切にしてあげてね♪
Nちゃん、本当にありがとう!!




宮崎県のゆずママさんより…
洗剤、使い捨て手袋、ごみ袋を頂きました。
ゆずちゃん、娘さん、いつ会っても凄く良い顔をしています♪
またぜひ、保護家に遊びに来て下さいね♪
ゆずママさん、いつも本当にありがとうございます。




宮崎県のSA様より…
ヒルズのフードを沢山頂きました。
SA様は、先日譲渡した「つくし」の保護主さんでした。
いつも犬猫目線で見て下さる優しいAさん…
保護家の子達のために、いつも本当にありがとうございます。




宮崎県のI様より…
フードやトイレシーツをたくさん頂きました。
Iさんは、多頭猫の不妊去勢手術にも手を貸して下さってる方です。
いつも犬猫のために本当にありがとうございます。




宮崎県の匿名様より…
以前、譲渡会に来て下さり、保護家の猫達を想い
涙してた女性でした。
いったん会場から帰られ…戻られたときには沢山のフードを抱えていました。
「私もペット禁止の住居ですが、猫を保護しています。
 迷いもありましたが、今は自分の判断は
 間違いではなかったんだと再確認できました」
そう涙しながら、苦しい胸の内をお話して下さいました。
お名前をお伺いしたのですが、匿名様で…
匿名様、本当にありがとうございました。




送り状にお名前がなかったので…ごめんなさい。
お手数かけてもうしわけございませんが、ご一報ください。
頂いた犬小屋に仲良く入ってるのは…保護家を卒業した
ビーンとポンポンです。
この犬小屋は、「幸せの家」かもしれませんね♪




神奈川県のSH様より…
犬小屋を頂きました。逆光になってごめんなさい。
馬屋の外から皆注目です♪
SH様は、私の母が癌で余命宣告されたときに、
セカンドオピニオンで、名医をご紹介くださいました。
個人的なお話で恐縮ですが…
母がこの世からいなくなってしまう恐怖心…不安感…
そんなときにお声をかけて下さったSH様の優しさは、
今でも忘れる事がありません。
SH様、もうすぐ母の命日です。あのときは親身になって下さり
本当にありがとうございました。
そして…独立して保護家を設立した今も、犬達に手を差し伸べて下さり
本当にありがとうございます。


  

Posted by ボランティアスタッフ at 13:37ご支援のお礼

2012年04月27日

保護家の日常

4頭で玩具の奪い合い!


「ウ~ウ~」唸りながら引っ張り合いこ。



クールな希恵さん脱落。

気の強いマリー、ボタン、カムカム、3頭で頑張っておりますが…



結局、後から参戦したランに奪われました。

羨ましげに眺めるボタンとヨッシー…



に見えますが、実は「奪える隙」を待っているのです!



やすやすと渡すものかと必死なラン…

保護家では、日々面白い事の連続です。

1日中見ているだけでも癒されます♪





保護家では、人間も犬も苦手な若葉のために、

若葉専用の庭付きお部屋を建設中です。



お部屋部分がだいぶ出来上がってきました。

と、同時進行に猫部屋専用の外トイレも建設中です。



アイデア&司令塔はスタッフぶーちゃん。

その指揮の中で作業を進めるのはスタッフシゲちゃん。

シゲちゃん、国富⇒日向市までバイトに通いながらの作業なので、

時々、疲労がたまりすぎて作業しながら寝ちゃってます。

完成したらまたご報告します♪
  

Posted by ボランティアスタッフ at 13:13保護犬

2012年04月24日

譲渡会のご報告

22日「のじりこぴあ」譲渡会。
心配してた雨も無事やんで、テントを飛ばされそうになりながらの
譲渡会開催でした♪

前日に群れデビュー成功したばかりの
ジンジャーに、良縁が♪
仕事を抜け出して、来て下さったそうで、
ジンジャーに一目惚れだったそうです。
のじりこぴあのご近所という事で、また会えるかな…と期待しつつ♪



残念ながら、ご縁に恵まれたのはジンジャーだけでした。

同じく群れデビューしたばかりのペコとポコ。





人間が大好きで、誰にでも甘えられる仔です。

常連組の希恵さんもボタンも…





アピールする気ゼロのやる気の無さっアセアセ
まぁ~…ボチボチ頑張りましょうかねぇ~ウトウト

奥に見えますは…



久しぶりの譲渡会参加の「ケン爺さん」です。

残念ながら、今回猫ちゃんたちにはご縁がありませんでした。



フリマの売上は、8,912円でした。
ご協力下さった皆様、本当にありがとうございました。


  

Posted by ボランティアスタッフ at 01:58ご報告

2012年04月22日

予定通り決行します

心配してた雨もなんとかやんでくれたようで…

本日「のじりこぴあ」譲渡会、予定通り開催します。

12時~15時です。

  

Posted by ボランティアスタッフ at 08:50イベント

2012年04月22日

殺処分の現状(転載)

本来ならば、リンクのみがマナーかと思いましたが、
携帯から閲覧の場合、リンク先が閲覧できないとの
ご指摘もありましたので、記事そのまま転載させて頂きました。
渡辺様、申し訳ございません。

渡辺さんは私の尊敬する一人で、渡辺さんの著書を読みながら、
この活動を続けてきました。

感情を押し殺し、淡々と現状を伝えなければいけない立場に居る方です。

★~★~★~★~★~★~★~★~★

渡辺眞子 official blog 様より転載します。

昨日のイベントの反省から。
もともと人前で話すのは苦手。
「この話題の前に、あれを説明しておこう」と喋るうち、
肝心の本題が行方不明になったりするんだもの。

でも殺処分問題に取り組もうと決めてから、
それも私ができることのひとつと思い、
お声をかけていただけばお受けしてきた。
(が、一向に上達しません)

現状の説明に加えてペットの殺処分を減らすための予防策や、
これから向かうべき方向について説明し、できるだけ新しい情報を提供し、
そこから一人一人ができることのヒントを
持ち帰っていただけるようにしている。

私の役目は現実を伝えるまで。
環境や生活スタイルなどなど、個々の事情によってできることは異なるので、
その先は相手に委ねたい。

だから毎回、感情が表に出ないように極力、気をつける。
けれど精神的にか体力的にか弱っていると
込み上げてくるものが押さえきれず、
稀にコントロールが利かないときがある。

昨日は、この写真の子犬の説明をしていて当時が甦り、
どうにも堪らなくなってしまった。
去年8月末に『犬と、いのち』の取材に訪れた地方のセンターで会った子犬。
ちょうど運び込まれたところに居合わせた、幼いきょうだいの一頭。




つい数時間前に母親のぬくもりから引き離され、
初めての場所に連れて来られ、小さなプラスティックの箱に移された。




不安気に、けれど小さな抵抗すらせず
他の子犬、仔猫、成猫たちと共に小型処分機の中へ




前面の壁が下りる。
いきなり真っ暗になるのも、ガスが注入される音も、
どれほど恐ろしかったろう。




幼い犬と猫たちは呼吸が浅く、
一般の殺処分機では絶命までに時間がかかって苦しむため、
このセンターでは小型処分機を使用している。

ステンレスの壁に阻まれて見ることができないから、
本当に短時間なのかはわからない。
どうあれ、苦しまないわけはない。
窒息死なのだから。

処分機に入れる前、一頭ずつ睡眠薬を経口投与するセンターもある。
殺処分する頭数が少なくなれば、一頭ずつの安楽死処分も可能だろう。
(そのためには職員の心のケアも万全に取りはからう必要があります)

中央にいるのが、あの痩せっぽちの子犬。




生後2ヶ月くらいだろうか。
本来なら、もっところころしているはずなのに、
この子犬は哀れなほど痩せ細っていた。




『犬と、いのち』には殺処分後の姿を掲載したくて、
そのために人が入り込めばインパクトが薄まるのではと撮影。
結局はより多くに手に取ってもらうことを優先しての却下だけれど。




誰もが目にできるブログ上に、
こうした写真を掲載することへ嫌悪感を覚える方もあるでしょう。
でもこれが、私たちの日常の隣で起きている現実です。

こんなふうにして、たった数十日の命を終える生き物がいることを
知っていただきたいのです。
飼い主が親犬に生涯一度の不妊去勢手術を受けさせさえすれば、
こんな不幸は避けることができたのです。




子犬らしくない骨張った体、ぱさぱさの皮毛、しっとり濡れた温もり。
今も鮮明に、手のひらが覚えています。
私が見殺しにしてきたいのち。

私たちが自治体に納めた税金で行なわれる殺処分。
ペットを飼っているかいないか、動物が好きか嫌いかは関係ありません。
これは社会問題です。


★~★~★~★~★~★~★~★~★

殺処分にもお金がかかります。
平成18年度には、宮崎県だけで
1億8870万円の税金が投入された
記録が残ってます。

少しでも犬猫の環境を良くしようとすると、
「何が犬猫だ!まずは人間の生活だ!」とおっしゃる方もいますが、
犬猫が嫌いな人にはそうでしょう…
犬猫に関心のない人はそうでしょう…
私達とは価値観が違うので、それはそれで良いと思います。

でも、殺処分の費用、それは私達の「税金」なんです。
処分頭数が減れば、犬猫を遺棄する人がいなかったら、
莫大な税金はかからなくなるはずです。

私達は、犬猫を殺したくない…
犬猫アンチの方は、犬猫に莫大な税金を投入してほしくない。

最終的な目標は同じはずなんです。

この記事の中で、渡辺さんの思いが伝わってくるようでした。
「処分頭数」「殺処分ゼロ」
色んな命への「言葉」が…言葉だけが独り歩きしているように感じます。

毎年出される処分頭数…
殺処分されているいのち…


数字だけで悲観していてはいけない!
一匹一匹…ひとつひとつの命を身近に感じとって欲しい…
私達人間が動き出すことで、「殺処分ゼロ」という言葉が
はじめて生きた言葉として起動します。


渡辺さんが、一匹の子犬にスポットをあてたのは
そういう深い思いからじゃないかと感じました。

私は、池ちゃんと二人で保護家を立ち上げました。
リーダーの素質の無い私には、組織化することは無理だと思ってました。
だけど…未来を変えたい…いいえ、私達が未来を変えるんだと!
そう強く思い、願い、組織化にしました。

おかげさまで、良いスタッフにも、良い会員さんにも、
良い支援者さんにも出会い、一歩ずつみんなで前進しています。

何があっても絶対逃げださない!



何があっても絶対この子達を守っていく!

  

Posted by ボランティアスタッフ at 00:21動物愛護

2012年04月20日

譲渡会のご案内

定例譲渡会



4月22日(日)12:00~15:00

のじりこぴあ駐車場

小雨決行


それぞれ個性的なわんこにゃんこが新しい家族との出会いを待っています。
甘えんぼだったり、シャイだったり、ツンデレだったり…
どの子も魅力いっぱいです。
ご家族揃って会いにいらしてください!
  

Posted by ボランティアスタッフ at 09:00イベント

2012年04月20日

保護家の一日ウォッチング

「ぼくね、保護家から学校に通うんだよ♪」



「新しいランドセルいいでしょぉ~♪ホラっ!みてみて!よ~く見て!」



強制的に「うらやましいわぁ~」と言わされた雪さんは、
カムカムに恋してます。
オシッコちびりながら「好き好き」猛アピール。



そのアピールも全く受入れてもらえず、
「ウザイッ」と口を咬んで怒ってばかりのカムカムですが、
雪をイジめる仔がいたら、それはそれで許せないようで…



雪を守りに入ります。



スタコラサッサ逃げるムッチャンを、しつこく追いつめたカムカム。



「なんでよ!」と怒るムッチャンに
「兄貴!手を貸しますぜっ!」と、しゃしゃり出てくるのは、
カムカムの舎弟ヨッシー。



そんな偉そうにしているカムカムは、



「そんな乱暴な男は嫌い!」ランさんにふられました。
またまたそんなランさんは、大のカメラ嫌い!



チラリカメラのレンズが向くと…



スッと目線を外し…



何とも無理な体制でそっぽ向いちゃいます。



実物はこんなに可愛いのにねぇ~♪
  

Posted by ボランティアスタッフ at 04:12保護犬

2012年04月17日

2月支援物資、1月支援金のお礼

ご報告、お礼が遅れがちで申し訳ございません。
2月に頂いた支援物資のお礼とご報告です。

鹿児島県のHM様より頂きました。
ペットシーツは、新保護家でもよく使用していますので、
とても助かります。HM様、本当にありがとうございました。



FM様より、猫砂シリカとヒルズのフードを頂きました。
シリカは、匂いも少なくて8畳間の多頭猫達にはとても助かってます。
FM様、本当にありがとうございました。



大阪府のIJ様より、アイムスとヒルズの超特大袋と、
貴重なi/d、シャンプーを頂きました。
離れた土地に引っ越しても、こんなにご支援をありがとうございます。



愛媛県のKK様より、福袋のように楽しい支援物資を頂きました。
私たちスタッフにまでいつも気を使って下さり、ありがとうございます。
6月に再会できる日が、今からとても楽しみです♪



宮崎県のゆずママさんが遊びに来て下さり、
フードや私たちスタッフにまで支援物資を頂きました。
いつも本当にありがとうございます。
頂いたソファーやタンスも重宝しております。



大阪府のFM様より、ヒルズのフード、新品の炊飯器と犬小屋を頂きました。
おかげさまで、常駐スタッフも栄養ある食事を摂りながら
保護家の子達を見守る事ができております。
犬小屋も早速使わせて頂いております。FM様本当にありがとうございます。



宮崎県のM様より、フードを頂きました。
本当は犬達のおやつもびっくりする位沢山頂いたのですが、
写真撮る前にみんなペロリと平らげちゃいました。
М様、いつも来る度にたくさんのお土産をありがとうございます。



大阪府のAE様より、犬猫フードやタオルなどを沢山頂き、
とても重宝しました。AE様本当にありがとうございました。



大阪府のTY様より、古着を毛布代わりにと段ボール沢山頂きました。
心優しいお手紙も、本当にありがとうございました。



宮崎県のММ様より、フードや温かいフリース等、
保護家に不足している物を沢山頂きました。
私たちスタッフにまで、栄養ドリンクやお菓子などを本当にありがとうございました。
疲れた時の甘い物は絶品です♪本当にありがとうございます。



宮崎県のKN様より、貴重なi/dを頂きました。
ストレスでお腹がゆるくなる子も多いので、本当に助かってます。
今は、カイ君がi/dだけ毎日食べています。本当にありがとうございました。



宮崎県のFM様からも、貴重なi/dを頂きました。
購入するにはとても高くて、なかなか手の出せないフードなので
本当に助かっています。FM様、本当にありがとうございます。



岡山県のOA様より、洗剤やフードや、私たちスタッフにまで
カップ麺やお菓子を沢山頂きました。
カップ麺は、池ちゃんと一緒に昼食で頂きました。
いつもメールもありがとうございます。とても励みになります。



岡山県のOM様より、アイムスやヒルズのフードやミルクなどを頂きました。
アイムスは、便も毛ヅヤも良くなるのでとても重宝します。
ミルクも本当に助かりました。ありがとうございます。



大阪府のMK様より、アイムスのフードを沢山頂きました。
アイムスはとても重宝してます。こんなに沢山本当にありがとうございました。



以前、講演会をさせて頂いた「社会福祉法人げんきさん」の
リサイクル工房の皆様が、お金を出し合って購入して、寄付して下さいました。
本当にありがとうございました。
またいつでも保護家に遊びにいらして下さい♪



愛知県のKH様より、タオルを沢山頂きました。
使い捨てする事も多々ありますので、タオルは本当に助かってます。
KH様、本当にありがとうございました。



大阪府のYS様より、大袋のフードをたくさん頂きました。
大袋が2日位のペースで食べつくされちゃうので、本当に助かります。
YS様、本当にありがとうございます。



大阪府のMK様より、貴重なi/dを頂きました。
雨の日は、便がゆるくなる子が多く、かと言って薬は使いたくないので、
胃腸を整えてくれるi/dは本当に助かります。ありがとうございます。



群馬県のOM様より、ヒルズやおやつ等たくさん頂きました。
ウェットフードは、カリカリに混ぜているのでとても助かりました。
OM様、本当にありがとうございます。



東京都のYM様より、タオルやフード等たくさん頂きました。
結束バンドは、色々な用途で使用することも多々あり重宝しています。
私たちスタッフにまでおやつをありがとうございます。
可愛いマシュマロ、食べるのがもったいないくらいでした♪



宮崎県のW様より、大袋のフードと私たちスタッフのおやつまで頂きました。
いつも保護家の事を気にかけて下さり、本当にありがとうございます。



申し訳ございません…伝票の文字が消えていて、
どなたが送って下さった支援物資かが分からなくなってしまいました。
お手数かけて申し訳ございませんが、どうかご一報よろしくお願い致します。



あと、犬小屋を二つも頂いたのですが、ネットでご注文下さったようで、
お名前がありませんでした。
宮城県のpet館様にてご注文下さった支援者様、どうかご一報よろしくお願い致します。




※ひまわり基金1月の支援金のご報告とお礼

1/5
MT様 3,000円

1/11
NY様 10,000円   SS様 5,000円  YS様 3,000円

1/12
SM様 10,000円

1/13
HC様 50,000円

1/24
MY様 10,000円

1/25
EM様 5,000円  SJ様 3,000円

1/27
KK様 10,000円

1/30
TM様 5,000円

1/31
OM様 50,000円

おかげさまで、猫カビの治療、希恵さんの腫瘍検査、
ヨッシーと希恵さんの不妊去勢、ロックの治療、
レスキューした子達全員のワクチン等にとても助かりました。
助けて下さり、本当にありがとうございました。



※シェルター基金1月の支援金のご報告とお礼

1/22
?Y様 1,000円
A様 10,000円
U様 2,000円

1/27
AE様 10,000円

新天地に移り、手直しする箇所が沢山あったのですが、
犬達の居住スペースの馬屋を綺麗に補正する事が出来ました。
ご協力下さり、本当にありがとうございました。
土でジトジトした部分も、綺麗にコンクリートになりました。
  

Posted by ボランティアスタッフ at 03:13ご支援のお礼

2012年04月14日

4月からの保護家

今までは、悪戯防止、犬猫遺棄防止のため、
公に保護家のご案内はできておりませんでしたが、
4月から、24時間体制でスタッフが常駐するようになりましたので、
譲渡希望者様、ボランティア様、支援者様のみですが、
ブログにて呼びかけて、保護家にご案内できるようになりました。


個人での見学は、現在のところはお断りしております。
ご案内できるスタッフの数が足りないため、
申し訳ございません。

団体様でのご案内は可能ですので、
3日前までにご連絡ください。
保護家スタッフのスケジュールを調整します。



※ボランティア希望者様へ
HP「保護家の1日」に、流れが書いてあります。
日中は、犬猫達も一番落ち着いている時間帯です。
一番バタバタと忙しいのが、午前中と夕方になります。
日中にしか来れない…という方ももちろん大歓迎です♪
犬達と触れ合って頂き、人慣れさせていくためにも
必要な「まったりタイム」です♪



※譲渡希望者様へ
保護家の子達はここが「ホーム」なので、自然な姿がみられます。
譲渡会場では「アウェー」なので、
なかなか本当の性格が分かりません。
是非、保護家で本当の姿を見て家族となる子を探してみてください。
良いご縁がありますように・・・♪

保護家訪問はメールでも受付けております。
訪問は月曜日~金曜日のみです。
xykhx★ezweb.ne.jp
※スパム防止のため、「★」を「@」に変えて下さい。


※土日は、訪問者様受け入れはお休みとさせて頂きます。


国富町八代北俣2581
山下 由美



携帯アドレスの場合、こちらからの送信メールが
受信できない場合もございますので、ご注意ください。




※保護家での注意事項がございます。

●保護家の犬達
保護家の子達は、人間不信だった犬が多いです。
大半の仔が、人間全員に心を許しているわけではありません。

「人間」としてではなく、「この人」は何者だろうか…と、個人を見る子達です。

ですが、必ずボランティアさん達にも心許せる日が来る仔達ばかりです。
会う回数が重なる度に、少しずつの変化が手に取る様に分かると思います。



●自分から犬に近づかないで下さい
犬も人間も同じです。心許してない人間から体に触れられる事は、
犬達も同じように、不安がります。

保護家の子達は、みんな自分の名前を覚えています。
呼び込みもみんなできますので、急いで仲良くなろうとせずに、
犬の方から寄って来てくれるまで待ってあげて下さい。

寄ってきたら、座って手をグゥにして匂いの確認をさせてあげてください。

頭ではなく頬を優しく撫でて下さい。
上から手が来ると、犬はとても怖がります。

仲良くなって直ぐには決してワシャワシャ激しく撫でないで下さい。

犬によって接し方は変えてください。激しく触られるのが好きな犬、
優しく触られるのが好きな犬、犬も人間と同様に、
好き嫌いの「好み」がそれぞれ違います。
その犬が嫌う接し方はしないでください。



●犬のケンカがはじまったら
犬のじゃれ合いがときには激しく感じる事もありますが、心配は要りません。

ケンカしたとしても、直ぐには止めずに、状況を見て判断します。
出血する事もありますが、気が済むまでやらせる事も大切です。

人間の子供のケンカと同じで、中途半端に仲裁に入ると
後々に引きずってしまいます。

危険だと感じたら、止めに入りますが、決して素手で止めないで下さい。



犬の表情を見て判断して下さい
犬が尻尾を振るのは、嬉しい時だけではありません。

吠えてるけど尻尾振ってるからと安心して近づくと危険です。
「心」は、尻尾ではなく表情を見て判断してあげて下さい。



●犬を抱き上げたり無防備な体制にしない
無防備な体制にしてしまうと、襲いに来る犬もいます。
仲良く見えても、「順位争い」はあります。





保護家卒業生の「はる」ちゃん。


すっかりパパっ子で、みんなのクンクン攻撃に逃げ回ってました。
はるちゃん…今が最高に幸せなんだね♪
本当の家族ができて本当に良かった…



別日に来てくれたのは…


「はるちゃん」の娘さん「ゆず」ちゃんです。
緊張してよだれダラダラでしたが、
大好きなママとお姉ちゃんが側にいる事で、安心できたようです♪

卒業生の子が来てくれることが、私達の喜びでもあります。
保護家を送り出すとき、いつも願ってる事があります。
「保護家の事は忘れてね。私の事も忘れていいんだからね」
卒業生たちが、保護家に来て戸惑いパパママベッタリな姿を見ていると…
正直言うと淋しい気持ちもちろんありますが、
それ以上にその姿が私にとっては大きな「喜び」です。




社会福祉法人 げんきさん」の、エコクリーンリサイクル工房の皆さんが、
保護家に見学に来て下さいました。


20名程のお客様に、保護家の子達も初めてのことで
ビックリした様子でしたが、沢山の方に触れて頂く事ができて、
この子達も良い経験になりました。
皆さんが笑顔で犬達に触れている姿に、私もうれしく思いました。
げんきさん、ありがとうございました。またお待ちしております♪
  

Posted by ボランティアスタッフ at 16:33お知らせ

2012年04月13日

譲渡会の報告

ご報告がかなり遅くなり申し訳ございません。

8日は「猫カフェ うたたね」さんにて、
譲渡会開催させて頂きました。



なんか…恒例になっちゃいそうな即席看板ガーン
どんな強風でも飛んで行かないのでなかなかつかえます。
お勧め看板です。


今度はA4より大きくしてみよう…アップ

おかげさまで、スタッフ休憩する暇もない位、
沢山のお客様に来て頂く事ができました。





今回ご縁がありましたのは…

最近離乳したばかりの「ピ」「ポ」「パ」姉妹。
多頭飼育現場から保護した子達でした。












交通事故による顔面骨折から生還した「チャト」。
小さな目の愛らしい仔でした。
小さな体で手術を乗り越え…チャト、頑張って良かったね。
幸せに・・・・


ボランティアさんが保護して、保護家でお預かりしてた「つくし」


譲渡会初参加で、幸せ掴んだ「ポッキー」ポッキーは、人間には人見知りがありましたが、
他の犬達とは直ぐに仲良くなれる子でした。
ポッキーは、日南に嫁いでいきました。



譲渡会ですごく迷われてた男性…

「保護家に来てみませんか?犬達の自然な姿がみれるので、
 きっと、ピンッと縁を感じる子がいると思いますよ」


そうお声をかけさせて頂き、後日保護家に来て下さいました。
幸せ掴んだのは…「ビーン」♪
保護家のみんなも、ビーンの旅立ちを祝福してました♪


おかげさまで…猫5匹、犬2頭、幸せgetしましたメロメロ

※フリマの売上金は、また後日お知らせいたします。

ではでは、今から保護家に向かう準備しますクルマ
  

Posted by ボランティアスタッフ at 08:47ご報告

2012年04月08日

本日譲渡会&巣穴で息潜める若様。

告知が遅くなりましたアセアセ

本日、「猫カフェ うたたね」敷地内、阿部自動車様にて
譲渡会開催いたします。

11時~14時。

フリーマーケットも同時開催♪

今回、子犬のチョビが、入院中のため(詳細は後日)
成犬、猫、子猫の参加です。

子猫は…
離乳したばかりの子猫3匹、授乳中の子猫3匹、
脳に障害のある子猫、珍しいチャトラの女の子、
合計8匹の子猫です。

参加する成犬は、当日の朝体調をみて(便等)
どのこを連れて行くか決めたいと思います。
譲渡会当日、不思議と体調崩したり、仮病らしきものを
つかう子達が居るんですよねぇ~タラーッ

今頃ですが…明日の譲渡会、フリマ、
ボランティアさんを募集しています。
会場で、ぜひぜひ、スタッフに声かけて下さい♪

保護家のボランティアの皆さん、
まだ一度も目にしてない仔が若干一匹。
犬も人間も苦手な若葉こと通称若様。
若葉は、日中は玄関の「巣穴」で息をひそめていますが、
人の気配がなくなると、写真のように巣穴からコソコソ出てきて、
私にあーだこーだ(キャンキャン)と一日の報告して、
母屋の中をウロウロ。



カムカムに恋してるので、一通りカムカムを追い掛け回し、
カムカムに叱られたら、また巣穴へと帰ります。

そんな若様は、もうすぐ「若様専用お部屋とお庭」特別室にお引越し。
スタッフのシゲちゃんが、仕事の合間合間に建築作業。
  

Posted by ボランティアスタッフ at 01:29お知らせ

2012年04月04日

チョビ検査入院

チョビは、便が上手に出せません。
絵具と全く同じ太さ、硬さの便を
30分置きに、あちこち移動しながらします。


腸が少し出てきて、血便する事もあります。
「脱腸」とまでいかないらしいのですが…

何度も何度も譲渡のお話がありましたが、
便の話をすると…皆さんが躊躇されました。
確かに…手はかかりますので仕方ないです。

獣医師さんに相談(悲願?)したら、
とりあえず一度検査してみようと、今朝から入院しました。



どうか・・・何か原因がありますように…

どうか・・・その原因の解決策がありますように…




チョビは、ポッキーが大好きです。


「お母さんお母さん」と言っているかのように
ポッキーの体にまとわりついてばかりいます。
チョビはお母さんの愛情をまだまだ欲しかったんだね。
小さいときにお母さんから離されちゃったんだね…




今日は、多頭現場からレスキューした片目の「ジャック」と、
エイズ陽性のため、自宅保護の「ぶん」。
この子達も、本日去勢手術に行きました。






犬って…やはり面白いですね。
私の保護活動の相棒「カムカム」。
いつも私と一緒に寝るのですが、決して顔と顔を向い合わせません。
私の顔にケツ向けて寝る子ですが、
次女が横になると…


どんなに顔をいじくりまわされても何されても
動きません。我慢してる感が伝わる表情です。
次女が眠りにつくと、スッと足元に移動しました。
寝かしつけしたつもりなんでしょうか…なかなか面白いです。

犬は本当に不思議な生物です。
いいえ、何年も一緒に暮らしてきた家族を
「犬だから」「猫だから」と、平気で捨てる私達人間の方が、
不思議な生物なのでしょうね。
  

Posted by ボランティアスタッフ at 15:01保護犬

2012年04月02日

「命の記録」

更新がなかなか進まなかった
HP「いのちのはうす保護家」。

先程、大幅に更新しました。
左バナーの「New」が、更新したページです。

ちなみに…「保護家」の読み方は「ほごや」です。

6年間、個人ブログ「動物たちの未来のために」にて
管理所、活動での記録を残してきましたが、
その記事の中から抜粋してまとめてみました。




「保護家」ってどんなとこ?
どんな風に犬を管理してるの?

の疑問なども、「保護家の一日」のページで
ご確認ください。

HPは、下記の「いのちのはうす保護家」のバナーから
お入りください。


  

Posted by ボランティアスタッフ at 13:23お知らせ

2012年04月01日

保護家今後の予定

「みんな人懐っこい~♪凄く良い顔してる~♪」
保護家に来て下さる方皆さんが、
ここに来ると、とても楽しんで帰られます。



保護家の子達の、最初の頃を思い出しました。

表情もなく、笑顔もなく…
ふとした瞬間に、顔がこわばる子も沢山いました。
そういう子達の心のケアは、先住の犬達の力でもあります。
「人間は怖くないよ」と、先輩犬達みんなが教え、
2期生、3期生と、どんどん伝え行くんです。

新保護家に移動してきて感じた事は…
犬達が変わりました!

人と接することが多くなったことが、一番の理由だと思います。



譲渡会という、この子達にとって「アウェー」の場では、
なかなか「その子らしさ」で出ません。
その仔の良さが伝わりません。

どんどん保護家に来て頂いて、
譲渡希望者様でなくても、多くの人と触れ合い、
人間慣れしていく事も、「譲渡」というゴールテープを切る必要のある
保護家の子達には必要かなと思いました。

今までは、保護家の管理が24時間徹底してできなかったので、
悪戯や犬猫を捨てに来る人が心配で、
保護家の場所や見学のみのご案内は、
お断りしておりましたし、場所も公にしておりませんでしたが、
4/11より、保護家の24時間徹底した管理体制が
できる事となりましたので、保護家の見学なども
受け入れていきたいと思います。


詳細は、4/10前後にブログにて発表いたします。


  

Posted by ボランティアスタッフ at 02:30お知らせ