› いのちのはうす 保護家(ほごや) › 保護犬 › ボロボロ老犬ホスピス部屋

2017年06月05日

ボロボロ老犬ホスピス部屋

保護家の老犬ホスピス部屋の床…
ボロボロを通り越して、どんなに毎日消毒で拭き上げても不衛生。


この部屋は、健康管理に特に気をつけなきゃいけない老犬の寝床。


恐る恐る敷いてるフローリングを剥がしてみると…
酷いカビでした。

ですが、資金面で苦しい状況なので、
直ぐには手を付けることが出来ませんでした。


そんな中、材料費を安くで提供しますという方からお申し出があり、
保護家には勿体ないほどの良質の木材を
超破格値で、沢山ご支援いただきました。
それも、遠い場所から時間をかけてトラックで木材を運んで下さり、
感謝の気持ちでいっぱいです。

そして・・・
男手、技術者の居ない保護家に、
手を差し伸べて下さった方が居ました。

以前、お世話になった熊本県の有志です!


被災犬ココちゃんへの恩返しをしたいと、
「山下マキ」さんはおっしゃって下さいました。


むしろ逆で、私達の方が、
あの苦しい中、ココちゃんの存在を発信してくれてありがとう。
私達に託してくれてありがとう。
・・・ココちゃんに出会わせてくれてありがとう。


私達の方が、ご恩返しをしなきゃいけないのに、
山下マキさんは、ずっとそう考えていたんだと思うと、
私も、副代表も、山下マキさんの温かさに、
涙する事しか出来ませんでした。

6/4、熊本県から山下マキさんと有志が駆けつけて下さり、
老犬ホスピス部屋の改修工事がはじまりました。


遠くから時間をかけてここまで来て下さり、
汗だくになりながらの力仕事。
ボランティアなのに、ここまで出来る若い男の子達・・・


熊本震災の時も、屋根にブルーシートを張ったり、
必死に駆けずり回っていたと聞きました。


犬猫が困っている!
保護活動に携わっている人たちが困っている!
だから助けたい!
そんな気持ちで来て下さった熊本の有志4人に、
本当に頭が下がる思いでした。
「ありがとう」の一言だけでは、伝えきれない思いでした。


あんなに酷かった老犬ホスピスの床は、こんなにキレイになりました!


老犬達も、綺麗に床で快適に眠れます。
遠くから木材を運んで下さった〇様、
チーム山下マキの皆様、
そして、サポートに入ってくれたまちこさん、みやちゃん、さおりちゃん、
本当にありがとうございましたm(__)m




同じカテゴリー(保護犬)の記事画像
今日の保護家
バルーン母子お引越しの巻
バルーン母子からのお願い
ドッグラン広げました!
1月譲渡会★ワンコ紹介
初めての介護
同じカテゴリー(保護犬)の記事
 今日の保護家 (2017-10-03 19:17)
 バルーン母子お引越しの巻 (2017-06-03 01:43)
 バルーン母子からのお願い (2017-05-22 12:45)
 ドッグラン広げました! (2017-01-22 16:18)
 1月譲渡会★ワンコ紹介 (2017-01-12 23:07)
 初めての介護 (2017-01-03 18:59)

Posted by ボランティアスタッフ at 15:22 │保護犬

削除
ボロボロ老犬ホスピス部屋