› いのちのはうす 保護家(ほごや) › 動物愛護 › 「フィットネスイベントに参加して、動物愛護団体へ支援しよう!

2018年05月29日

「フィットネスイベントに参加して、動物愛護団体へ支援しよう!


今から約一年前、不思議な出会いがありました。

それが、フィットネスの先生、本田ともこさんでした。
小柄でとても可愛らしい女性。


本田さんは、ブリーダーさんから愛犬ココちゃんを
家族に迎え入れました。

犬って生物は、こんなにも愛おしくて、
自分も癒しをもらえる大切な存在だという事等、
愛犬ココちゃんから
多くの事を学んだのだと思います。

我子が愛おしくなればなるほど、
他の犬にも目を向けるようになります。

そんなときに、本田さんが目を向けたのは…
我子と同じ幸せな犬達ではなく、
家族を失った犬達に・・・でした。


「ネグレクト?」


「飼育放棄?」


「殺処分?」


・・・なんでっ?!

「なんで、ココと同じ犬達が、こんな目に合ってるの?

幸せになるために生まれて来た命なのに?!」


本田さんは、新しくできたばかりの
「みやざき愛護センター」に足を運びましたが、
「ここには、私の学べるものはない!
本当の現状を知りたい!」
そう感じ、辿り着いたのが私達の施設
「いのちのはうす保護家」でした。


寝たきりの老犬、足の無い子、全盲の子、
半身麻痺でお尻を引きずって移動する子、

きっと、衝撃的だったと思います。


全員、保健所や管理所からレスキューした子達だとお伝えしました。

「なんで捨てるの?なんでこんなひどい目にあわされてたの?」
飼い主への、人間への怒りを感じたかと思います。
と、同時に「なぜこの子達は明るいの?笑えているの?」
という思いもあったと思います。

そうして、本田さんのプロジェクト第一弾!

フィットネスを通して、動物愛護団体に支援しよう!
「犬愛」

イベントが、昨年の6月に開催されたんです。


↓昨年のイベントご報告は過去記事より↓
http://hogoya.miyachan.cc/e520080.html

このイベントの収益金「71,492円」のご寄付を
本田さんより受け取りました。

この月の「いのちのはうす保護家」は、
医療費だけで32万円かかったので、
寄付金を全額医療費に充てさせて頂く事ができました。

本田さん、イベントに参加下さった皆様のお力で、
私達は、保護家の子達は、助けて頂きました。
あの当時感じた「安堵感」をはっきり覚えております。






私達、保護家の子達の医療費を助けて下さった
本田とも子さんが、
今年も、イベント開催する事となりました!

「フィットネスイベントに参加して、動物愛護団体へ支援しよう!」


私も、昨年同様20分の講演をさせて頂く事になりました。
昨年同様パネル展もさせて頂きます。

フィットネス×動物愛護
何の接点も無いコラボイベントですが、
何の接点も無いからこそ、大きな意味があると
私と本田さんは感じております。


本田さんは、犬猫が悲惨な現状に置かれている事を知りました。
知った中で、背を向ける事はしませんでした。

ダンスインストラクターとして、自分には何ができるのか…?

そう考えたときに、自分にしか出来ない事、
自分だから出来る事をはじめようと
一歩を踏み出したそうです。

ただ、大きなイベントだからこそ、
大きな資金が必要となってしまいます。
ですが、本田さんはさらに一歩を踏み出しました!

https://camp-fire.jp/projects/view/66119#menu

「クラウドファンディング」の挑戦です!

「失敗を恐れてたら何も変わらない」
本田さんは、リスクを背負う覚悟で、
7/18宮崎市文化ホールを抑えました。

会場使用料も相当な金額だと思います。
県外からカリスマインストラクターさん達に
来て頂く交通費も必要です。

色んな打ち合わせも必要です。
本田さんは、時間と費用を犠牲にする覚悟で、
このイベントに向けて動き出しました。


ですが・・・

クラウドファンディング残り時間2日…

26%で止まっております。


動物愛護とは接点のないフィットネスイベントで、
一人でも多くの方に、犬猫の現状を知って頂きたい…

色んな形の救済があるんだという事を、
お一人でも多くの方に知って頂けたらと…

どうか、このイベント開催のサポートを
よろしくお願い致します。
とても大きな意味あるイベントなのです…。


https://camp-fire.jp/projects/view/66119#menu






同じカテゴリー(動物愛護)の記事画像
1、保護家はもう資金が底つきました 2、代表への怒りと暴露
生涯預かりのさくら
コッシーと過ごした22日間
勘違いするような新聞記事
宮崎県民の責任でもあります。
✩︎愛しい命✩︎12月譲渡会✩︎
同じカテゴリー(動物愛護)の記事
 1、保護家はもう資金が底つきました 2、代表への怒りと暴露 (2018-12-09 17:04)
 生涯預かりのさくら (2018-05-12 23:08)
 コッシーと過ごした22日間 (2018-02-14 18:31)
 DIY得意な方にお願いがあります。 (2017-05-16 12:35)
 勘違いするような新聞記事 (2017-05-06 15:59)
 宮崎県民の責任でもあります。 (2017-03-12 01:16)

Posted by ボランティアスタッフ at 14:31 │動物愛護

削除
「フィットネスイベントに参加して、動物愛護団体へ支援しよう!