› いのちのはうす 保護家(ほごや) › ご報告 › 幸せの道へ…と、望み訴えた熱弁!

2017年07月06日

幸せの道へ…と、望み訴えた熱弁!

ご報告が遅くなりましたアセアセ
子猫達の譲渡が続々決まりましたメロメロ







子猫に続けと、子犬達も続々トライアルに旅立ちましたアップ





今週は、子犬たちのお届けラッシュで、
お届けスタッフが県内を飛び回っておりますクルマ

残念ながら、子犬全頭決まりませんでしたが、
これからまた、飼主さんとの出会いを繋げていきたいなと思います。



※以下、7/3Facebook記事より転載

新聞で「子犬たちが譲渡会デビュー」と告知したところ、
沢山のお問合せのお電話。
会場には数十組の子犬希望の来場者…

子犬達をドッグランに開放する前に、
副代表藤井が来場者皆さんにご説明。

「いのちのはうす保護家」がどのような施設なのか、
誰にでも子犬は譲渡は出来ない旨等を
ドックランの外で待って頂いてた
多くの来場者皆さんに伝えました。



藤井は、命を迎え入れる責任を持って頂きたいと、
涙を流しながら訴えました。

「一度は家族に迎えながら、
身勝手な理由で捨てられていく犬達を沢山みてきました。
こんな事もうウンザリですっ!」

・・・と。

その涙は、藤井の涙ではなく、



半身不随になって管理所に投げ捨てられてたサンバァ、


目が見えなくなって棄てられたジロ、



癌になって捨てられたコナン、


ネグレクトによって捨てられ、看取ってきた
エミちゃん、チャージ、

みんなみんなが経験した辛かったであろう
悔しかったであろう子達。


その子達の思いが、藤井の魂と繋がり、
涙となって出て来たのだろうと、ハッキリと感じました。

譲渡会スタート前に、一生懸命訴えた藤井の言葉は、
安易に子犬をもらおうという考えで来たご家族に

stopをかけました。

その様な方々は、そのまま真っ直ぐ帰られていきました。

これまでどのような犬の飼われ方をさせていたのか、
飼育環境やどこまで本気で向き合って下さるのか、
ご希望者全員とお話させて頂き、

無事、7匹が仮譲渡になりました。

成犬譲渡後報告は後ほど・・・











同じカテゴリー(ご報告)の記事画像
10月のご支援金ご報告
福祉まつり譲渡会ご報告
物件決まりました!
弱音・・・
ホームページについて♪
次々と保護家卒業
同じカテゴリー(ご報告)の記事
 10月のご支援金ご報告 (2017-11-08 20:47)
 福祉まつり譲渡会ご報告 (2017-10-18 23:54)
 物件決まりました! (2017-10-14 14:19)
 弱音・・・ (2017-09-26 22:21)
 ホームページについて♪ (2017-09-02 08:12)
 次々と保護家卒業 (2017-07-23 22:24)

Posted by ボランティアスタッフ at 13:36 │ご報告

削除
幸せの道へ…と、望み訴えた熱弁!