› いのちのはうす保護家 › 保護犬 › 奈々子さん・チチの旅立ち

2012年09月11日

奈々子さん・チチの旅立ち

2011年7月、保健所からの要請で会いに行き、
レスキューを決意して保護家に連れて帰った奈々子さん。

奈々子さん・チチの旅立ち

奈々子さんは、不安を沢山抱えた仔でした。
それ故に「咬む」事で、自分の感情を伝えようとする仔でした。

「奈々子さん、歯をあてなくても大丈夫よ。
そげなことせんでも、ちゃんと分かってるから大丈夫よ」


奈々子さん・チチの旅立ち

首輪を握られることが大嫌いな奈々子さん。
「ちょっ!どこ引っ張ってんのよ!」
カプンチョ!!

奈々子さん・チチの旅立ち

奈々子さんは、保護家でもお嬢様でした。

縫うほどの力は出しませんが、多少の出血はするので、
譲渡は厳しいかもねぇ~…スタッフとよく話していました。

気分が良いときには、知らない人にでも触らせたりもありましたので、
奈々子さんの気分転換+もしかしたら…という気持ちで
譲渡会にも連れて行ってましたが、
スタッフ一同奈々子さんに目が離せなくてドキドキ…

奈々子さん・チチの旅立ち

「このタイプの方は、奈々子さん苦手なはず」と思ったら、
近づくのを止めたりと…

そんなとき…
旧保護家のときから、湧水を汲んできてくれたり、
保護家の子達を自宅でシャンプーして下さってた会員さんが、
奈々子さんの事をずっと気にかけてて、
奈々子さんを正式に家族として迎え入れたいと…!!


思えば…奈々子さんの周りには、いつも「愛」がありました。
捕獲される前から、「愛」を受けており、
その「愛」があったから、奈々子さんは生きる道へと進む事ができました。
そして、定期的に奈々子さんのトリミングをしてくれてたAさんの深い愛。
そんな方々の「愛」があったから…

私は、この日のブログ「奈々子さんのとある事情」で、
「・・・だから、奈々子さんは幸せになれるんだと書いてるじゃない!
カプンするから保護家から巣立てないって…私は何で諦めてたの?」

自分で読み返して、思わず苦笑いでした。

こんなに近くに…こんなに安心できる赤い糸があったなんて…
奈々子さん・チチの旅立ち

奈々子さん…一年保護家で我慢したかいがあったね♪
やっと落ち着けるね…Мさんの愛情に沢山甘えてね。
奈々子さん…保護家卒業おめでとう!






そして…「チチ」。
詳しい事情は、ごめんなさい…会員制ブログでしか書けませんでしたが、
チチのレスキューには迷いがありました。
奈々子さん・チチの旅立ち

だけど…良かった…決断して良かった。

日に日に生き生きしていくチチの姿…
日に日に甘えられる仔になっていくチチの心…
奈々子さん・チチの旅立ち

チチに限らずですが、その仔に合った飼い主さんというのはあります。
飼主さんの家族構成、年齢、性格、声…
チチは、「物腰のやわらかい若いご夫婦」を希望していましたが、
ピッタリな方との良縁があったのです!

日南の「ふじまる動物病院」の先生です。
とても信頼のできるチチにピッタリの優しい先生です。

奈々子さん・チチの旅立ち

チチは、前日に譲渡会参加して決まりかけてはいたのですが…
チチは、自分でふじまる先生を待ってたような気がしました。
その位、チチとふじまる先生には、何一つ違和感を感じなかったんです。
凄く自然な関係にみえたんです。
奈々子さん・チチの旅立ち

チチ、貴女が私の手を受け入れてくれた瞬間の事、
本当に本当に感謝しています。
あの時の気持ちは、私にとっても大きな学びでした。
貴女が弱気になってた私に伝えたかったこと…なんだよね?
チチ、生きてくれて本当にありがとう。
これからが貴女の本当の犬生スタートですよ。






犬や猫は喋らないと言いますが、いいえ、ちゃんと話しますよ。
ただ、私達人間が決めつけて耳を傾けないだけで…
だから、「行動」「表情」でちゃんと教えてくれます。

レオは、一度譲渡が決まりましたが…
奈々子さん・チチの旅立ち

レオを託そうとした瞬間、物凄い力で暴れました。
お世話してたスタッフの手を咬み、引っ掻き、物凄い力で逃げたんです。
「絶対に嫌だ!行きたくない!」そんな叫び声でした。

山中に逃げてしまい、スタッフで探してた時に、
「せっかくもらってやろう思ったのになぁ~。他の猫でもいいわ。」
譲渡予定だった人からの言葉でした…

レオは…見抜いてたんです。分かってたんです。

こんな場所で逃げられてはもう無理だ…捕獲器を…と、
長期戦になるだろうと覚悟してたときに、
お世話してたスタッフの元に、自ら戻ってきたんです。
「レオ、ごめんね」
「分かった?だから嫌だって言ったでしょう?」
お世話スタッフとそんな会話をしていたのでしょうか…
奈々子さん・チチの旅立ち


譲渡には、色んなお約束事がありますが、
ワクチン、不妊去勢、飼育環境…全てにおいて問題なくても、
そこに「愛」が感じられなければ、
犬猫本人に少しでも抵抗が感じられれば…
大切ないのちを簡単に託してはいけないな…と思いました。
色んな目線で考えていきたいと思いました。


9/15 「クロスモール清武」にて、フリマ&譲渡会。
フリマ 9時~16時
譲渡会 14時~16時

※当日お手伝いできるボランティアさんを募集しております。





同じカテゴリー(保護犬)の記事画像
1、保護家はもう資金が底つきました 2、代表への怒りと暴露
今日の保護家
ボロボロ老犬ホスピス部屋
バルーン母子お引越しの巻
バルーン母子からのお願い
ドッグラン広げました!
同じカテゴリー(保護犬)の記事
 1、保護家はもう資金が底つきました 2、代表への怒りと暴露 (2018-12-09 17:04)
 今日の保護家 (2017-10-03 19:17)
 ボロボロ老犬ホスピス部屋 (2017-06-05 15:22)
 バルーン母子お引越しの巻 (2017-06-03 01:43)
 バルーン母子からのお願い (2017-05-22 12:45)
 ドッグラン広げました! (2017-01-22 16:18)

Posted by ボランティアスタッフ at 03:22 │保護犬
この記事へのコメント
こんにちは。(^o^)/ななこさん、ちちの譲渡よかったですね。
ななちゃんと、出会ってから、その可愛らしさと、繊細な性格にとても心ひかれました。
大切なパートナーと、めぐりあえて本当によかったです。
ちちも、とてもよい、良縁ですね。
きっと、みんな、巡り会える誰かを探すために、そこにいるのですね、
(^o^)
とりわけななちゃんと、たえこさん
はいつも、頭にありました。
ひとまずは、ななちゃん、ちちおめでとう(^-^)
幸せになってね。
あい
Posted by あい at 2012年09月11日 09:56

削除
奈々子さん・チチの旅立ち