› いのちのはうす保護家 › 2015年05月06日

2015年05月06日

群れデビュー失敗

先日、管理所からレスキューした三頭の犬達。

三頭の詳細はコチラ↓

▼2015.4・25 閉ざされたいのち▼
http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/201504250000/

保護家に限らず、犬に限らず、「群れ」には、色々ある…

と、思う。





「この仔はうちの群れに合わない」

そう判断するときもある。

決して、嫌いとか好きとかの感情ではなく、

お互いが苦しんでしまう…という意味なんです。

そんな中、確実にこの仔、ひなたは難しい。


でも、お互いに頑張ろうね・・・と、

「死」ではなく、生きて行くための試練を選択しました。

私も、スタッフも、ひなたも、群れの犬達も、

苦しむだろうと思いながら…。





予感は残念ながら的中した。


リードを着けたままにしているのは、

危険があった時に、デビューさせた犬をレスキューするためです。

一頭がヤルと、全員がその仔に襲いかかります。

犬の本能だと思うので、仕方がない。

恐れず逃げずに、ちゃんととめ切れる熟練スタッフのみが、

群れデビューに立ち会います。





案の定、危険な状態は何度もありました。

新入りのひなたは、決して凶暴な仔ではなく、

売られたケンカは買う。

そして、とにかくパワーが凄いのです。

オス犬達は、バッタバッタとひなたに倒されました。


あの、オスには強いトシキまでが・・・。

トシキは、保護家の子達から信頼されている仔です。

そのトシキが、ひなたに襲われそうになった時、

サッとトシキの前に出てきたのが、のっぽでした。

のっぽは、ブルブル震えながら、怖いのを必死に我慢して、

ひなたからトシキを守ろうと頑張っていたのです。


ひなたもまた、メスには優しい仔なので、

それを見て、スッとトシキの前から去って行きました。

その後、落ち込むトシキに対して、オス犬達も心配して、

のっぽと一緒になり、トシキを守ろうとガードに入ったんです。

こういう場合、きっと犬達は、強者が弱っている今のうちにと便乗し、

トシキに攻撃態勢に入るものですが、トシキの行くとこ行くとこ、

のっぽ、ジロ、ポリーが、ついてまわり、「壁」になっていたのです。



そして、カムカムもひなたの監視を終始続けていました。


・・・見てる。


・・・まだ見てる。


・・・しつこく見てる。


・・・凄い監視してる。


・・・ここまでくると、ひなたもカムカムも気の毒になってきた。





ひなたはまだ子供。

子犬がそのまま成長した仔なだけ。

だからこそ、この仔を上にあげたら群れ自体が壊れてしまう。

ですが、ひなたには、上下関係へのこだわりはありませんでした。

だからこそ・・・とても難しい。



なので、ひなたを群れから外しました。

保護家の子達も、ひなたも、ひとつも悪くないから。

ひなたを、群れの共通の敵にしたくないから。

お互いにストレスを抱えさせたくないから。





小型犬専用の八畳ほどの広さでしょうか。

そのスペースに、ひなたを入れる事にしました。

朝、夕の散歩に連れて行き、完全に群れから離しました。


とても純粋で、かわいくて、頭の良いひなた。

一日でも早く、飼主さんを探してあげたい。





ひなた同様、群れには厳しいかも・・・と感じながらも

レスキューしたニック。


幸いにも、群れの犬達がひなたに集中した事で、

ニックは、スムーズに群れの仲間に入る事が出来ました。


人間も犬も・・・共通の敵(?)が出来ると、団結力が深まる事を

学ばせてもらいました。





ニックは、とにかく甘えん坊。

人見知りがあり、怖くて吠える事もありますが、

危険な人ではないと分かると、直ぐに仲良しになれます。

「母ちゃん!母ちゃん!」とにかく終始、人間にベッタリんこなんです。








トモミは、スムーズに老犬とハンデのある子達の群れに、

馴染む事が出来ました。


大志、コナン、トモミ、この子達は、事故や病気で左手を失いました。

お互いに分かるのでしょうか・・・

コナンも大志も、トモミの側に一定の距離を置きながらも、ずっと側に居ました。


犬は・・・ほんとに凄い!



今週も、5/10(日)に施設内譲渡会開催します。

この子達にもご縁がありますように・・・。

  

Posted by ボランティアスタッフ at 17:26保護犬