2013年04月10日

4匹の仔猫 レスキュー

こんばんは(*゚▽゚*)
ご無沙汰です
ヒロリンことイトウです



昨日8日中央保所から4匹の仔猫をレスキューしてきました。

なんと

生後3日!

飼い主の持ち込みでした。

家の猫が子供を産んだから。。
目が開いたら情がうつるから?

そんな理由からか、生後3日で親から引き離し連れて来られた子達。。。。




代表山下が言う。

「こんなに小さいと人口のミルクでは育たんかも。。」

必死に哺乳瓶の乳首を探して加えようとする仔猫



「大丈夫!この子達の生命力を信じよう!」

私は心の中でそう叫んでました。

こんなに小さな体で、必死にミルクを飲んでる姿から凄い生命力が感じられました。

みんな 絶対に大きくなるからね♥

今代表が家に持ち帰り2,3時間置きの授乳をしてます。

どなたか、お預かりさんで家族と交代で授乳が可能の方いませんか?

何日でも構いません。

お願いばかりですみません。

ご連絡お待ちしております


メール hogoya777@yahoo.co.jp 担当 カワノ&イトウ

会の携帯 090-4484-51655     担当 藤井



  

Posted by ボランティアスタッフ at 00:07保護猫

2013年03月07日

猫預かりさん緊募

現在、保護家では猫のレスキューをストップしております。
ストップせざる得ない状況なんです…

保健所に持ち込んでも、県の委託施設が助けてくれる。
愛護団体がレスキューしてくれる・・・
そんな声を聞いたこともあります。

殺されなきゃ良い…良かった良かった!
その「良かった」の意味は、
命を見捨てた自分が苦しまないですむから?
人間はとことん自分勝手で卑怯な生物だと…
そんな飼い主達を見て嫌になります。

私達は安易に命を捨てる人間の心を助けるために、
レスキュー活動をしているのではありません。
何の罪もない子達を、人間の勝手な都合で
ガス室で殺したくないから…死んでほしくないから…です。



そういう思いでこの活動をはじめました。
はじめようと計画してはじめたのではありません。
・・・いつの間にか、体が動いていました。
・・・いつの間にか、多くの仔を助けたい一心で、施設を立ち上げました。

保護した子達に新しいお家がみつかる子達よりも、
レスキューする子達の方が圧倒的に多いのが現状です。
この活動には、いつかは限界は来る・・・
それは頭では分かっていました。
その結果が・・・「レスキューストップ」



私自身、個人で出せる予算(貯金)が底をついてしまいました。

施設内での保護頭数が多く、私一人しかいない日には、
夜遅くまでの作業が続きます。
恥ずかしい話ですが…体力的にも、家庭内にも、限界がきています。

もうこれ以上、施設に猫を連れてくることはできない・・・
自分の体と家庭を守る為にも、
感染症防止、蔓延、ストレスを軽減させるための保護環境を
これ以上改善させる事が、予算の都合上もう何も出来ない…

猫のレスキューストップ・・・
苦渋の選択でした。




それでも…往生際が悪いと重々承知しておりますが、
一匹でもガス室で殺したくない・・・
予算は、借入すればなんとかなるんじゃないか・・・

どこかに光が見えるんじゃないかと、みつかるんじゃないかと・・・
そういう思いで、「猫の預かりさん」を考えました。

生後8ヶ月~10ヶ月の大きくなった子猫達、
生後一歳以上の成猫達…
2~3ヶ月限定で、お預かりできる方を募集しております。
できれば、先住猫さんのいないお家を希望しております。
ケージ、トイレ、フード、病気にかかった際の医療費等、
預かり猫さんにかかる費用等は、全てこちらでご用意させて頂きます。
どうか、ご協力よろしくお願い致します。



  

Posted by ボランティアスタッフ at 10:28保護猫

2013年02月27日

初 お預かり猫ちゃん

ご無沙汰してました(^ω^)

猫ちゃん担当ヒロリンことイトウですニコニコ

今日は去年の7月にレスキューされた子銀次郎を紹介します

ぐる(=‘x‘=)は後ほど紹介しますね


首輪がたすきがけみたいになって前足の脇の部分に食い込んでいました。

縫合処置をして無事保護家の子になりました。

猫ちゃん達が【ニャー ニャー】とカン高い声で鳴く季節が近づいてきましたね。叫び

去勢を急がなくては(-_-;)

保護家一番のデブ(=‘x‘=)(4.5キロ 3歳) 【銀次郎】にメスの手が。。。

ごめんよー 悪気はないから許しておくれーープンッ

とっ、なんやかんやで、我が家にやって来たのは、1月16日のことでした。

無事、翌17日に手術を終え、我が物顔で家に帰ってきた銀ちゃん。

巨体のせいか、走る姿を今だ見ることはない。。。

そんな銀ちゃんの一日を追ってみましたo(^▽^)o























もうとくっに去勢手術も終え元気な銀ちゃん(^ω^)

保護家に帰るのはいつのことやら。。

ん?ヒロリン家からお婿に行きますか~ちっ、ちっ、ちっ

のんきだけど、短気な銀ちゃん 私が毎日癒されてまーすメロメロ


  

Posted by ボランティアスタッフ at 11:39保護猫

2013年01月03日

今日の猫部屋

ボランティア カワノです。

私のかくブログでは珍しく猫さんの画像です。
お願いして撮ってきてもらいました!



今日、猫部屋に新しく大きなホットカーペットが敷かれました♪
南国宮崎とはいえ冬の保護家は寒いので猫さんたち、これでぬくぬく出来てよかったです(^^♪



ん?あなたはだあれ?
近すぎてわかりません。。。(-_-;)


あら、こんなにお美しいお顔だったのですね。




こちらの猫さんは困った顔にも見えますが、何か狙おうとしているのでしょうか?




おやおや、ここにもだれかいますね?


みぃ~つけた!



こうして今日も猫まみれ。。。


みんなここで、自分を家族にしてくれる飼い主さんを待っています♪

  

Posted by ボランティアスタッフ at 22:43保護猫

2012年06月17日

本当の群れのリーダーは…

内容的には…個人ブログ「動物たちの未来のために」なのでしょうが、
メンテナンスの時間と重なったため、会のブログの方に記します。
(なかなかパソコン開く時間が取れなくて…)

金曜日、背骨を骨折してる成猫レスキューしました。


命名「美雨」(みう)です。
mikeさん、命名ありがとうございます<(_ _)>)



そして…乳飲み子猫三匹も一緒にレスキューしてきました。


現在、保護家スタッフが授乳中です。
洋猫が入ってるのかな…顔に特徴のある子達です。





美雨は、絶対安静です。
排便は自力で出せますが(横になったまま)、
オシッコは、絞らないと出てきません。
成猫のオシッコ絞りは、実は生まれて初めてっ!
膀胱の一番良い位置をみつけるのに悪戦苦闘です(^^ゞ



相棒カムカムが…
美雨のケージの前から一歩も動かなくなりました。


それは…



他の犬(桃子さん)から守る為…でした。
桃子が少しでも動くと、サッと立ち上がり鼻にシワ寄せて
「美雨に近づくな!」威嚇します。

カムカムは、大きい猫は苦手ですが、
怪我して弱っているのを分かってるから…
美雨を、体張って守ろうとする姿に…涙しました。

私は、「人間」だから、「飼い主」だから、「保護主」だからと、
少し思い上がってたのかもしれない…
カムカムに、とても基本的な事を学んでいる事に気付きました。

信じ、愛し、思いやり、その仔の心と融合する事。
「魂」の大きさでは、カムカムに完全に負けていますね…。
  

Posted by ボランティアスタッフ at 03:12保護猫

2012年06月02日

子猫9匹レスキュー

今週、宮崎市保健所より子猫2匹レスキューしました。
茶トラさんは、一般の方の引取りがあり、
グレーの仔と…




キジさんです。
この仔は、猫風邪なので保護家ではなく、
代表の自宅で保護中ですが、ほぼ完治しております。




その翌日…
某保健所から、子猫7匹のレスキュー要請がありました。
多分2腹だと思いますが、段ボールに入れられて遺棄されてたそうです。
管理所には、猫を保護する場所がないので、
事務所の別室にて、隔離して下さってました。

バタバタとしてましたので、写真撮る余裕がありませんでしたので、
後日7匹の子達の写真をUPしたいと思います。

保護家の「うらら」さん…
「猫カフェうたたね」さんのカフェコーナーに
プチデビューさせて頂きました。
ぜひ、愛らしいうららさんに会いに行ってみてください。
  

Posted by ボランティアスタッフ at 02:44保護猫

2012年05月02日

乳飲み子猫達

保護家の乳飲み子猫達、9匹から6匹に減りました♪

譲渡…では残念ながらありませんワーイ

3匹が離乳食スタートしたから…です。



黒い仔は、洋猫みたいに鼻がペチャンとなってます。





明日は…頭部と口中をけがしてた成猫を保健所からレスキューしてきます。





今回、公益財団法人どうぶつ基金様主催の
「いのちをつないだワンニャン写真コンテスト」に参加しました。

動物と人間をテーマで二枚出しています。

私達人間が犬猫を救っているのではなく、
お互いがお互いの存在を求めあっている…そんな気がしたので。

もし良かったら…ですが、コメントと投票のご協力を
どうか、どうか、よろしくお願い致します。

下記タイトルをクリックすると、投稿写真と写真説明文に行きます。

※「命の綱を託した瞬間」

※「貴女もアナタも不要ではないんだよ!」






  

Posted by ボランティアスタッフ at 02:48保護猫

2011年09月18日

全盲の猫達

全盲で譲渡の道は諦めてた三匹の子達…
この度、正式譲渡となりました拍手

ライトとニィちゃんを家族として迎え入れて下さった方は、
トイレが上手にできないライトとニィちゃんのためにと、
専用の猫部屋を、お友達と作ってくださいました。

これまで、ライトとニィちゃんに関しては、
譲渡のお問い合わせもありましたが、
共通して言われたのが…
「もらってやってもいいけど」…という言葉でした。

お世話もままならない私が言うのも変ですが、
私にとって、ライトもニィも、決して「お荷物」ではありませんでした。

お荷物だと一ミリも感じた事はありませんでした。

「もらってやっても良い」ではなく、
「ライトとニィが良い」「ライトとニィが必要」だと
そう言って下さる方でないと、安心して託す事ができず、
譲渡はその都度、お断りしておりました。

だからと言って…それが正しいとは言えませんでした。
小さな猫部屋で、淋しい想いをさせていたのですから…

だけど…こんな良縁は無いっ!・・・・
という位、素晴らしいお家の子になりました。
本当に…本当に良かった…










そして…片耳が食いちぎられ、全盲の「ドラ」も…
一時預かりの会員さんが、家族として迎え入れてくださいました。


本当に本当にありがとうございます。
  

Posted by ボランティアスタッフ at 17:04保護猫

2011年09月15日

治療中の猫たち

「いのちのはうす保護家」が保護している猫は、
良縁が続き、現在14匹になりました。

健康な猫達は、預かりさんと保護家におりますが、
病気治療中の子達は、私(xxゆみxx)の自宅に居ますので、
自宅の子達を紹介します。



ぶんちゃん


ぶんちゃんは、エイズ陽性です…
ですが、生後半年内の場合、親猫からの移行抗体があるので、
半年後の検査では、陰性になる可能性があります。
ぶんちゃんは、子供達の部屋で隔離してしますが、
子供達とのびのびと遊び、沢山甘えているようです。





きゃんぱす&大君


ぶんちゃんの兄弟です。
コクシ治療中でしたが、なかなか落ちないので薬を変更して
まだコクシ治療が続いております(´д`∩





あかし君


疥癬+結膜炎で判定に落ちてしまったあかし君ですが、
疥癬もほぼ完治してます。結膜炎はもう少し…かな?





チュッチュ


兄弟は皆判定に合格しましたが…
チュッチュだけが、ヘルニアと疥癬で落ちてしまいました。

小さな小さな体で、手術にも耐えたチュッチュ。
疥癬も完治し、抜糸も終わりましたが…
一向に太らない…呼吸の荒いチュッチュ…
検査をしてもらうと、リンパ腺が破けていて、リンパ液が肺に入り、
肺を圧迫していることが分かりました。

とりあえず液を抜いてもらったのですが、再発する可能性大です。
半年間、薬で様子見てそれでも液が溜まるようであれば
外科手術になるそうです。

目がクリクリしてて表情豊かなチュッチュ…
私の手をお乳を吸うようにチューチュー吸いながらウトウトします。


モミモミする両手は、決して爪を出しません。本当に本当に愛らしい子です。





てる君


へその緒がついたままビニール袋に入れて捨てられてたというてる君。
冷たい雨に打たれ、低体温が続いてたてる君ですが、
強い生命力で今に至ります。
最近、目も開いて可愛さ倍増のてる君。





エル


エルは保護家の子でしたが、最近体調が悪くなり、
自宅に連れて帰りました。
左の眼球が無く、右目も白内障が進行して…
今ではほとんど見えていません。
支援物資で頂いたa/d缶を、スプーンでやっと食べている状態です。
また元気になろうねっ!!



  

Posted by ボランティアスタッフ at 23:30保護猫